1609cuteheader2

幼稚園年少娘、お弁当のその後と気付いたこと。食べる時間に間に合うか?問題。

お弁当、やっと慣れてきました~。うちの園はお弁当は週2日あります。

給食は皆同じものを食べるわけだけど、、やっぱり食べる速度って皆ちがうね!

ひとりでばくばく、短時間で野菜でも細かいものでもキレイに平らげる子もいれば、うちの娘のように、食べるのが遅く、更に好き嫌いがある子もいる、、。

小学生の頃、給食をなかなか食べられなくて、最後まで残って先生に怒られたりして泣きながら無理して食べている子、いなかった?

あれはかわいそうだよな、、

っていつも思っていた。

スポンサーリンク


娘は給食も参観で見た限り、食べるのはどちらかというと遅く、好きなものしか食べない感じ。あまり食べなくても執着はないみたい。
ただ、弁当はきちんと食べてくる。
嬉しいのと、慣れてきたのとで、気付きにくいとして、つい詰め込みすぎるクセが出てきたんだ。

最初はあんなに小さいと思っていた弁当箱に、今やここにも入れられる!と、詰め込んだりし始めた、、。

するとある日、娘が、今日私最後になっちゃったんだ、と、私に言ってきた。
ちゃんと完食した弁当箱だったけど、ひやっとした。

クラスで最後かと思ったら、もしかして、同じテーブルの中でだったのかもしれないが、、。

しまった!調子にのって詰め込み過ぎた!と思った。
反省して少し量を減らすことにした。

DSC_0692~2
↑これは失敗。おにぎりの方が米がつまって量があり、食べるのが遅いみたいだ。
3つはやり過ぎた。デコフリとかいう、カラフルにご飯が染まるふりかけを使用した。色は違うが、味は全部同じ。

DSC_0936
↑対策としておにぎりは一つにした。もしくは、うんと小さなの2つかな、と思っている。

DSC_0967
今日のお弁当はこれ。娘は唐揚げが好きだ。

娘は優しいところもあって、ママが一生懸命作ってくれた、とか、全部食べたほうがママは嬉しいよね?など、私のためにも全部食べたいと頑張っているところも感じられるので、、量が多いと、娘には負担になってしまっていたかも。

もちろん、食事の順番を競うなんて馬鹿げている、一番早く食べなくても良い。
遅くなってしまって、皆との遊びの時間が限られたり、私だけいつも遅いという劣等感を持ったりすると、そういうのはやっぱり困るので、お弁当は娘の胃袋と食べる速さに合わせて、成長と共に増やしていく方向で、、と反省した。

少なすぎてもお腹が満たされないし、多すぎも良くないしで、幼稚園児のお弁当は奥が深いな。



スポンサーリンク

2 Responses to “幼稚園年少娘、お弁当のその後と気付いたこと。食べる時間に間に合うか?問題。”

  1. プリン より:

    はじめまして。
    2際半の一人っ子を男児を育てるプリンと申します。
    ブログを読ませていただきました。あまりにも共感できる部分が多くて嬉しかったです。
    育児ブログというと子供への愛情と寛容に溢れる女神のような母親ばかりで、私のようにイライラしながら育てている親はどこにもいないんだと絶望して完全にノイローゼになっていました。

    今は大分落ち着きましたが、それでもたまにどうしようもない脱力感に襲われます。

    服を買いに行ったのにろくに見られず帰る…という記事などまさに私です。周りの人に愚痴を言うと、子育て中はそんなもの我慢して当たり前!たった何年かのことが我慢できないのかと責められます。私は3人も産んで頑張ってきた、など一人っ子を責められることも。。

    これ以上自分のことを書いていても冗長になってしまうので、やめておきます(笑)

    とにかく、キュツ母様のブログで私がどんなに救われる思いをしたか、嬉しかったかお伝えしたくてコメントさせていただきました。

    本当に、有難うございました。

    • キュツ母 より:

      >プリンさん
      はじめまして。
      コメントいただきまして、私もとても嬉しいです。
      とても良くわかります。女神のような~、うんうん、とても。
      私も良く壁にぶち当たっては、居場所がないと感じたり、余計イライラしたりしていました。
      ノイローゼ状態の時は周りが良く見えて仕方ないですよね、少し良くなりつつりながらの脱力感、私もあります。なんだか繰り返しのような、抜け出せないような、、。プリンさんのお子さんはまだ2歳半とのこと、イヤイヤ期もあり、本当に大変な日々かと想像します。無理しないでいきましょうね。
      私はこんな迷い多き等身大の育児でもブログやってみて良かったです。
      プリンさんと同じ気持ちがあって良かった。
      共感していただくことで、癒される何かはあると思います。正論では片付かない気持ちも曝してみて良かったです。
      辛いときダメな自分、行き詰まる時、そんな時もやっぱりありますが、一緒に頑張っていきましょうね。
      コメントありがとうございました。

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ