1609cuteheader2

ある寒い日、手袋をして出かけたら、笑って、切なくなった話。【育児 笑った話】

北風が冷たい。そんな日も元気に公園に向かう。今シーズン初めての手袋を母子でつけて、手をつないで歩く。

北風は冷たいが、日向の道は暖かく、光に照らされる娘のほっぺがまあるく輝いている。

私の顔を見上げて、にこっと笑う娘。

娘「いいなあ~、お母さんの手袋、私もいつかつけたいなあ、」

私「じゃあ、交換してみる?」

娘「ううん、今はいいの、私が、ウーン、10歳くらいになったら、いっしょにつけようね~!」

きゅん。
かわいいこと言うな~とほっこり。
思わず抱っこして、ぎゅーってした。

娘「それでお母さんが、2歳になったら、この手袋貸してあげるね!

と、自分の手袋を見せながら言った。

「ありがとう、お母さんが2歳なったら、この手袋貸してね」

なんだか心がほっこりして笑ったと同時に、老いた自分が、娘の手袋をつけるところを想像して、ほろ苦いような、切ないような、そんな気持ちになった。

ちなみにその娘の手袋はこちら。
DSC_2072~2
木を抱っこ中の娘の手。

この後、落ち葉をたくさん集めたり、ジャングルジムで遊んだ。



スポンサーリンク

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ