1609cuteheader2

幼児が歩きながら歌うCM曲に親はハラハラする。

2歳、3歳頃って、良く歌を歌わないか?

特に何もない、ただの公園までの道、買い物の時、周りの人が振り向こうが何をしようが、お構いなしの大声で。

言葉が増えてくる年頃で、楽しくてしょうがないのか…。しかし、その音量たるや、鼻歌のレベルを超えているので、一緒にいると苦笑いしか出ない。

なんでか子供はCMの曲が好きだ。周りのお友達もそういや良く歌ってた。

どうしてだろうと考えてみたが、CMの曲は短い。童謡や一般の楽曲より短く、簡単なメロディーで、30秒でもすぐ覚えてもらえるように意識してできている。

そのため、耳に残りやすく、言葉を覚えたての幼児でも歌いやすいのだろうと推測してみた。

スポンサーリンク


例えば、店の中で流れるCM曲もそうだ。

買い物している時にちょくちょく流れてきて、その店を離れてもしばらく頭をぐるぐる回っている、そういうことがあるように。

良く大声で歌っていた頃の娘とヤマダ電機に行った時、あの「ヤマーダでんき!」という歌声に反応して、共に「やまーだでんき!!」と負けじに歌っていたのを思い出す。

ヤマダ電機にいる限り聞かされる、「やまーだでんき!」に、もう早く買い物を済ませたくて仕方がなくなる。

あのCM曲の子供の声みたいな感じが、娘の心には非常に響いているらしい…。かわいいよ、かわいいと思うけど、ちょっと恥ずかしいぞ。

帰り道もヤマダ電機じゃない場所で、突然思い出したように歌い出す。

「やまーだでんき!やまーだでんき!」あのー、ここはもうヤマダ電機じゃないんですけど…。

テレビのCM曲もとんでもないものを得意げに歌われる。

家の中ならまだ笑えるが、道端で人ごみで突然歌われる「母、おしゃれ!」このインパクトったらない。ディープインパクトを娘に残したんだろう。あの女性用かつらのCM曲、レディースアートネイチャー。

どうしてくれる。街中で大声で、私この曲知ってるのよ、歌えるんだから!みたいな感じで、かなり得意げに幼児が「ハハ、オシャレ!」と歌うのだ。

しかも一度気に入ったらエンドレス・ハハ、オシャレ

もう、スーパーの中でやられたら、何も買わずに即効で帰りたくなるわ。私も吹き出したが、どれだけ周りに失笑されたか。

4歳の今は、ほとんど大声で歌って歩くようなことはなくなってしまったから、あの頃一時のことなのだろうと思う。貴重な経験だった。

いや、他人の子がママと手を繋いで歩いていて、何かを大声で歌っていても、ただただ、かわいいわー、あんな頃あったわー、歌いたいのね、ご機嫌なのね!って、ものすごく癒されてほっこりするのだけど。

自分の娘の頃はかわいいと思いつつ、穴があったら入りたかった。

あの周りの大人の失笑は、幼児の歌って独特でかわいいわねーという気持ちと、なんで母オシャレのCM曲なんだっていう、そこかい!っていう、そういう笑いだったんだろうなあと。

今になってみれば本当に笑い話だ。

道端で声高らかに歌い始めた子供達よ!すくすく育てよ!そして、それを見守る親御さん達!その気持ちめっちゃわかる!グッドラック!



スポンサーリンク

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ