1609cuteheader2

ユーモアがわからずキレていた娘が4歳以降変わってきた。

娘の呼び名。私がコロコロ愛称を変えるために、娘はその都度イライラ怒っていた。

私は子供から見たらかなり鬱陶しい親なんだろうな…。自覚あり。しかし反省は無し、変わる気も今は無し。

私の親はこんなんじゃなかったが、私は気付くとこうなっていた。くだらない自分のオチャメさがいい歳して嫌いじゃない。

そう、痛い親だ。

○○ちんじゃない!○○○!

ちゃん○○じゃない!○○○ちゃん!

呼んですぐ、もう唾も飲み込む暇すらないくらいの反応、激しすぎるツッコミの数々…。

1日の内の愛称変化の一例。

○○○!←そのまま呼んだり、

キュツメキ!←へたしたら名前あんまり関係ないので呼んでみたり、

キュート○○!←キュートをつけたことに激昂。かわいいかわいいがそんなにイヤか。

忍たま乱太郎!←もはや性別すら全く別物。

うーん、こうして見ると娘が怒るのもわかるなあ。

幼い娘は私の愛を込めた呼び名に混乱!その都度激しい顔で激しい突っ込みをしていた。いちいちプンプンしていた。

私は「ゴメンゴメン、かわいいからついつい、こんな風に呼んじゃうのよ~」なんて毎回弁解。

私はめげなかった。(そこは頑張るところじゃない)

ついつい色々な呼び名で呼んでしまう。呼びたくなってしまう。それに反応する娘がかわいくて。…病気?

毎日毎日、気分が良くて穏やかな時はそんな感じの私達だったが、いつの間にか変わってきた。

4歳過ぎからか気が付くと、あの激しい突っ込みがなくなっていた。

すごい!継続は力なり!(ここでこの言葉か)娘が母のユーモアを受け入れてくれた!

ある時、ふと思った。ただ呆れただけか、慣れただけかもと

最近の娘の反応。

忍たま乱太郎!→「なあに?

涙。娘、ゴメン、こんな母に付き合わせて…。

普通に「なあに?」って返事して、それが自分を呼ばれたのをわかっていて、文句もつけずに。

でも、おかげで昔よりユーモアが、ギャグがわかるようになってきたね!私的には嬉しいぞ!

未だに替え歌に関しては「違うよ!」ってすごい速さでツッコミを入れられる。くだらなすぎて内容は割愛します…。というか自重します…。

でもこのやり取り、家の中だけなんだが(さすがにね)、字面で見るとすごく冷静でおかしいね。



スポンサーリンク

2 Responses to “ユーモアがわからずキレていた娘が4歳以降変わってきた。”

  1. ミミ より:

    娘ちゃんがかまってちゃんなのは、キュツ母さんの遺伝だったりして~♪ほっこりさせてもらいました♪♪

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      えへへ、遺伝かもしれないですね笑。私実はウザイ茶目っ気が出てきたのが大人になってからなんですよ。子供の頃は我慢強い静かな子でした。自分で言っていて恥ずかしい!ほっこりしてくれて嬉しいです。
      いつもコメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ