1609cuteheader2

私が育児ノイローゼから鬱っぽくなったきっかけ。イヤイヤ期反抗期。

イライラのためのサプリメントや漢方薬のことを書く前に、なんでこのイライラは病気と思う方が救われるようになったか、を書いておこうと思う。

娘が、2歳後半になった頃、親にあれこれ指示をし始めた時がある。

やれ、ここに立ってほしい、だの、これはここに置いていて欲しかった、だの、おもちゃにちょっと触れて倒れて、ごめんね、と謝っても、動かされたことにキレてギャーギャー泣きながら責めてくる。

自分に余裕があるうちは良いけど、毎日何度も何度も娘の言う通りにできるわけもない。

思い通りにしないとギャーギャー泣く。

そんなこと、甘やかすわけにはいかないので、叱る、さらに泣く。

2歳6、7か月の頃、あれ?イヤイヤ期、もしかしてちょっと前より少し落ち着いた?

なんて思える時が少しあったんだが、その後、以前より本格的にひどくなり、成長なのかより主張が激しく、頑固になって、厄介になって現れ、指示を繰り返し、ちょっと思い通りにならないだけで、空気をつんざくようなしつこい大泣き、、。

スポンサーリンク


親への指示はだんだんヒートアップし、しまいには夫(パパ)に、来ないで欲しい!パパは来ちゃダメ!とか、仲間外れ的なことを始めた。

パパに対して、イヤだから来ないで、一緒に座らないで、といった風になり、本当に悲しかった。

夫にひどく反発し始め、かなり陰湿な?仲間外れだったので、娘に寛容な夫もさすがに毎日毎日繰り返しされることで、落ち込み、さらには怒り、しまいには怒りから泣いてしまうくらいになってしまった。

もしかしたら、娘が来ないで、と言い始めたきっかけがあった。大きな公園に二人で遊びに言った時、おそらく4歳前後と思われる女の子二人が遊んでいた。

娘はちょっと大きな女の子が大好きで、その子達がいた噴水の近くの場所も小さな頃から走り回ったりして大好きなところだったから、無邪気な気持ちで、その二人が遊んでいるところ(といっても、ただの通り道)に、少しずつ近づき、様子を伺いながら通り過ぎてみたり、できるなら図々しくも、遊びに混ざりたかったみたいだ。

「入れて」とも言っていないし、二人が二人だけで遊びたいオーラが出ていたので、(たまに面倒見が良く、社交的な子はちょっと一緒に遊んでくれたり、お話してくれたりするが、その子達はたまたまそういう成長期だったのかもしれないし、性格かもしれない)
娘にお姉ちゃん達の邪魔をしないように言った、が、娘は側を通るだけでも、楽しかったみたいで、まあ、二人が占領するような狭い場所ではなく、広いスペースだし、何もないのに娘を無理やり連れていく必要もないか、と思い見ていたら、その二人の内の一人は今まで会ったことがないくらい、ちょっと意地悪な口調で、遠くでママ同士で話している自分のママのところに走って行き、こちらを指差し、娘に聞こえるくらいの大声で「あの子が邪魔してくる!本当に邪魔!なんなのー!キー!」と、本当に見ず知らずの私が聞いてもかわいくない意地悪な声で、叫ぶように言われたのだ。

一応、邪魔しちゃってごめんね、とは言ったけど、その子の親は、すごい剣幕なその子に、優しく「公園は自分だけのものじゃないのよ~」と言っただけで、叱るでもなく、やはり遠くでママ同士のおしゃべりに夢中。

私は娘に違う場所に行こうと言ったのだが、娘はなかなか言うことを聞かないので、またちょっとその子の近くを笑顔で通り過ぎたら、またその子が「こっちに来ないでよ!」と吐き捨てるように、睨みつけながら、娘に言った。

さすがに2歳後半の娘でも、自分が嫌われた、嫌がられている、という雰囲気はわかったみたいで、なんとも言えない苦い落ち込んだ顔をした。

私はすぐ、ここはお姉ちゃん達だけで遊びたいみたいだよ、向こうに行こう、と言って、娘につらかったね、あんな風に言われたら悲しかったね、と言った。
娘はなだめられてもまだ悲しそうだった。

娘にとって、初めての経験だった。
あからさまに娘を邪魔と言い切り、にこりともせず、睨み付ける年上の女の子に出会ったのは。

本当に申し訳ないが、私から見ても、かわいくない、こんな子には絶対ならないで欲しいな、って思ってしまった。

娘には、あの子達はお友達同士で遊びたかったんだよ、つらかったけど、仕方ないね、でもあんなに嫌な言い方しないでも良かったよね、○娘の名前○はお友達や小さな子にあんな風に言わないようにしようね、と言い聞かせて帰った。

その子達にとっては、自分達が遊んでいる側を通るだけでも、本当に邪魔だったんだろうけど、私があの子の親なら、ああいう風になった時点でもっと叱るし、ましてや、こちらに謝ったりするけどな、、とモヤモヤしたが、その後も親はおしゃべりに夢中で、見てもいなかったし、各自教育方針は違うだろうから、なんとも言えないし、仕方ない。

娘には強烈な印象を与えたように思う、もしかしたら、それがきっかけになったのではと思う。それを経験して、すぐ次の日からではなかったが、そう遠くない日から、パパは来ないで、とか始まったから。

その前くらいから夫はちょうど忙しく、あまり娘と遊んであげたり、くすぐり遊びを繰り返したりしていたわけではない時期があった、遊ぶ時間を意識的に設けていたら、そこまでならなかったのか、きっかけ?と思った事件と関係なく、たまたま娘のそういう反抗期の成長と、パパへの反抗が重なっただけかもしれない、私にはわからない、が、、とにかく娘はお父さんを除外するよう、来ないで、とかひどいことを言う毎日だった。

私はというと、朝からそんな調子なので、娘が起きてきたら、地獄の始まり、そういうことは言わないで悲しいよ、仲間外れは良くない、なんでそんなこと言うの、パパがかわいそうでしょ、夫が出掛けたあとも、ずっと嫌な気分で叱り、怒った。もちろん夫がいない間も、指示や反抗、大泣きの嵐。叱ることや怒りの感情って疲れるんだよね。
本当に疲れきった。

特に、夫にそういう言葉をかけ、指示を通そうとする娘が異常に頑固で、何回同じことを注意しても、数秒後にもまた同じように、パパ来ないで、を言う。

なんで私も夫もこれだけ言っているのに、わかってくれないのか、、本当に意味がわからなくなった。
むなしくてむなしくてつらかった。
一番つらかったのは夫だろうけど、夫が娘に追い込まれて、余裕もなくなり、怒ったり、機嫌を損なうことで、家庭が一気にぎすぎすし始めた。

夫に娘と遊んでもらうこともできず、私はこの他の日常生活でも頑固に反抗する難しい娘と離れられず、家の中でも、外でも、心のホッとする場所がなくなってしまったのだ。

今までのイヤイヤ期反抗期からの疲れの蓄積もあり、家の中での夫への意地悪とも取れる指示が続けば続くほど、心がパリンと音をたてて崩れて行った。

それから、友達にも会いたくなくなった。ただでさえ、娘は気が強く、おもちゃの貸し借りなどでいつも迷惑をかけてばかり、外でも謝ってばかり、叱り、言い聞かせてばかり、でずっと悩んでいた。
それで更に、家でも、パパ仲間外れにするブームで、全てが重くのしかかった私は、もう誰にも会いたくなくなったんだ。
外で人に気を遣ってまで友達と遊ばせる元気すら、もう私には残っていなかった。

心の拠り所がなくなってしまったんだ。

元気はなくなり、完全に不眠症気味になり、娘の指示や反抗にいちいちイライラした。
優しく教えても、厳しく言ってみても、娘にはなかなか響かなかった。言うことが伝わらない、何回言っても伝わらない辛さ、、。

できれば、音のない個室でひとりきりで、気がすむまで何週間でも、引きこもって寝ていたいくらい、の気持ちがあったが、できない。
誰も頼れない。

こういう時にお金を使って、あきのある保育所に預ける日々を送れば良かった、とも思う。が、手続き等々もとてつもなく遠いことに思えるくらい、私は元気がなく、怒りと悲しみで充満し、毎日娘とご飯を食べて生きていくだけで、精一杯だった。

その2歳後半くらいから、イライラが以前にも増してひどくなってしまった。
本当に悩んで、鬱っぽいことと、育児ノイローゼ気味だと気づいた。

で、そうわかったところで、どうしたら良いんだ?、誰も頼れないし、入院とかも無理だし、精神科とかでなく、なんとか日常を送りたい、この怒りをイライラをなんとか和らげたい、となったわけです。



スポンサーリンク

5 Responses to “私が育児ノイローゼから鬱っぽくなったきっかけ。イヤイヤ期反抗期。”

  1. はる より:

    今回「子ども、泣き声、イライラ」で検索しここに辿り着いた一歳前の子持ち母です。
    旦那の仕事の関係で海外で子育て中で頼るのがネットになりがちでしたが、心の叫びはキュッ母さんと一緒でした。特に生まれてから今までの娘の経過はすごく似ていて、ほんとに寝ない、体力が計り知れないと思うくらい泣き続けられる、甘えが強い、、などほんと書かれてること全てが自分の娘のことのようで共感というか、偉大な慰めを得た気がしたのでコメントしました。旦那が今出張中で娘と仲良く自由に過ごせたと思える日があるかと思うとどうにもこうにもイライラが募る日もあり自分に落ち込んだり、やる気を出してみたり、、、。
    読んでみて1番羨ましかったのがキュッ母さんの言葉にするのがとても上手なこと。私は同じ感情を抱いても人に伝わるようにそれを言葉に紡ぐことがほんとに苦手なので尚更共感を得るのが難しいし、後から、あーこう言えば伝わったんじゃないかも落ち込む始末です。
    引き続き読ませていただきますね。

    • キュツ母 より:

      >はるさん
      はじめまして。海外での子育て、しかもうちの娘の赤ちゃん時代に似ているとは、、本当に大変だと思います。偉大な慰めなんて、ありがたいお言葉です、私のこの育児、同じ思いをもししている人の参考にもなればと思って、気付きをブログに綴り始めたわけですが、はるさんに読んでいただいて、私こそ感謝しています。
      育児って気持ちがジェットコースターのようですよね、、。
      はるさんの文章、私にとても伝わってきました。そして、私もお喋りの方となると、また文章とは違い、はるさんと同じようにうまく伝わっていないかもと思うことが多いです。文章もお話も難しいですよね。
      旦那様が出張中でも必死に頑張っているはるさんは偉いです。娘の気質に似ている子育てをしている方は他人と思えません、本当に応援しています。無理しないでいきましょうね。
      コメントありがとうございます。

  2. 笑いたい母 より:

    過去記事にコメントをお許しください。
    昨年末から、こちらのブログを毎日、何度も拝見しております。

    2歳8ヶ月の娘がおり、今まさにこの記事の状態です。
    イヤイヤというより、キチガイかとさえ思ってしまってます。
    完全に我を忘れて、ただ真っ赤になって絶叫して暴れ、私や主人にも叩くなどの事が1日に何度も何有ります。

    タイムアウト法をしたくとも、ちょっと姿が見え無くなるだけで更に絶叫され、別の部屋に行こうものなら力ずくで阻止しようとされ…。
    逃げ場のない私も絶叫し、しがみついてくる娘に恐怖さえ感じて突き飛ばすこともあります。
    辛いです。
    逃げ出したい。
    石になってしまいたいくらい。
    私の育ちにも問題はあり、娘は私と外見も中身もそっくりなので、まるで幼少期に母から拒絶された自分を見せつけられているようです。

    本当は笑いたい。
    もっと娘に楽しい、幸せな生活をさせてあげたい。
    ちゃんと娘を認めて、娘からの命令ではない抱っこもいっぱいしたい。

    苦しくて、吐き出したくて、ハジメマシテなのにこんな長文を書いてしまいました。
    お目汚しをお許しください。

    • キュツ母 より:

      >笑いたい母さん
      初めまして。
      辛い胸の内、吐き出してくださってありがとうございます。ものすごく辛いと思います。2歳8ヶ月、想像するだけで大変ですね。
      育ちの問題、これもものすごく良くわかります。娘さんだから余計ですよね。うちも性格こそ似ていないけれど、娘の成長と自分の子供の頃の辛さが被さって、未だに心が苦しくなる時があります。

      心から笑いたいですよね。笑いたい母さんはものすごく頑張っているから、私も早く娘さんが成長して、今のその時期から形が変わっていくことを願います。

      少しでも離れている時間があれば、また違うのですけど、タイムアウトは娘さんにはまだ早いのかもしれませんね、できたら良いのですが、、。うちの娘は3歳過ぎからだんだん試していった感じでした。

      本当に辛いですよね。私も3歳前、辛すぎてとても病みました。笑いたい母さん、辛い時、泣いてもいいんです。泣いて自分も(子供の頃も今も)辛いんだ!って、吐き出してもいいんです。あなたは何も悪くないです。

      まだ2歳8ヶ月の娘さんなので言葉の理解がもう少し進めば、一緒に抱き締めあって泣ける時が来るかもしれません。苦しいお気持ち抱えてのこの時期はしんどいです。とにかく笑いたい母さんが楽なほうを選んで過ごして欲しいです。

      いくら怒っても大丈夫です。私も本当にひどかった。ひどくはなりたくなかったですが、理想と現実は違いました。それでも娘との関係は今悪くないと私は思っています。だからっていうのも無責任かもしれないけれど、笑いたい母さんもきっと大丈夫、そう思います。

      たまに機嫌の良い時にくすぐったりできればして、後は成長を待っていけばいつか娘さんは成長してくれると思います。

      こんなに辛い毎日なのに、笑いたい母さんは娘への思いやりの心を持っています。それはすごいことだと思うんです。過去の自分の育ちについて自覚していることも立派だと思います。無自覚で傷つけていくのとは違うと思うのです。

      今は無理だと思いますが、娘さんを心から抱っこできる時、小さかった自分のことも、ここまで頑張って育ててきた自分のこともどうか抱き締めてあげてくださいね。

      笑いたい母さん本当にお疲れ様です。とにかく無理をしないで頑張らないように頑張ってください。

      このブログを見てくれてコメントまでくださったこと本当に感謝です。応援しています。辛い時はいつでもきてくださいね。

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ