1609cuteheader2

満足感のある抱っこのコツ。どんなに嫌になったって、心からかわいい愛しいと思う時は来るんだね。

あんなに怒って怒鳴って、なんでこんなに言うことをわからないのか、扱いにくい、主張が強すぎる、拘りが強すぎる、って思って、大変だった毎日。

ぶっちゃけかわいいと思えなくなったり、相性が合わないのかも、など、どうにもならないことを悩んだ。

嫌いと思うこともある。だけど、愛してるから、本当は仲良く暮らしたいから、そんなことを思うんだよね。

頭に来るのは自分の大事な子だから。

心からかわいいと思える毎日が来るのか不安だったけれど、反抗期が終わり、しばらく安定した日々を送れば、こちらの気持ちも変わってくるんだね。

かわいい言葉をたくさんかけてくれるよ。

言葉は達者だけど、心はまだ3歳。とってもかわいい世界でできてる。

やっと、仲良くなったんだもの。
もっとぎゅっとさせて欲しい。

小さくてかわいい娘を堪能しなければ。

すぐ、大きくなっちゃうんだもの。

抱っこ、って甘えてくるのが、今はかわいく思える。

抱っこの時は「ぎゅーっと締めて欲しい」らしい。
ただ、優しく抱っこするだけではダメなんだって。
ぎゅーっと力をいれて両手で抱き締めて欲しいらしい。
その方が落ち着くらしい。

なるほど。

満足感のある抱っこのコツかあ、、。
もっともっと小さな時そんなこと考えて抱っこできていたかしら、、?

でも、私が抱っこしてって言うと、「ぎゅーっ!!」と声だけは威勢が良いが、手と腕はうまくぎゅーっとできていなくて、全然ママにはぎゅっとならないけど、、、
かわいいからいいや。

かわいくて愛しいと思えることが、幸せだ。
あんなにイヤイヤ期反抗期が辛かったからなの?、だから、よりかわいいのかもな。

今日何回褒めた?
何回かわいいって言えた?
大好きだよって今日も伝えよう。

生まれてくれて、ありがとう。

——
——
——
——
——
縁あって、このブログを読んでくださった方、本当にありがとうございます。今年最後の投稿となります。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。



スポンサーリンク

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ