1609cuteheader2

解熱後の不機嫌!4歳娘の看病疲れがピークの頃にこの我慢の連続。子も親も頑張れ!!

無事娘は40度の熱から平熱まで戻ることができました。

3日は熱の中にいました。

その間、こちらも夜もまともに眠れず、ご飯だってまともなものは食べられないような時だってありました。

娘の熱が平熱になった時、どれだけホッとしたか。

これで熱によるぐずぐずも泣きもやっとおさまる!と思ったら、、。

きたんですよ。超超不機嫌!の波が。

ひどいわひどい。

本当に超がつくクレーマーですよ。何かにつけて文句をつけてきます。

モンスタークレーマーです。

スポンサーリンク


こっちがやってと言ってないのに、自分からやってきて私にいきなり言いがかりをつけてきます。

何をするにもキーキーしています。かんしゃくを起こします。いちいちつっかかってきます。

初めは、なんだ?私何も娘にけなしたり悪いように言わないのに、いきなりキレてくるな。

そう思っていたけど、ずっと続くとあまりに理不尽すぎてね、どうしてもカッとくるんですね。

なんで私は何にもひどいことしてないのに、いきなり不機嫌な態度をとられないといけないんだ!って。

2歳前にも、かの有名な突発性発疹の解熱後の不機嫌にイライラしたこともあったけど、あれの不機嫌に似ています。

似ているけど、言葉が達者になった分、最悪にムカムカします。

もともとアスペっぽい娘なので、ひねくれ方いちゃもんの付け方半端ないです。

その上、夜はぐっすりくるかといったら、夜泣きが増えた!!

高熱でぐったりの時は心配で眠れないのもあったけど、今は一番聞くと精神的にくる、キィィみたいな泣き方。

もがいているみたいな、寝ながら怒っているみたいな。

度重なる看病で自分のストレス発散もできないまま入り込んだ、この解熱後の不機嫌。

我慢の限界がきて、別室に行ったりしました。

一緒に絵を描いて遊んでいてもね、いきなりふて腐れるんです。

花火を娘が描いて、私はすごい!って褒めた。

娘が私にも花火を描いてって言ったから、描いたの。

そうしたら、「ママの花火の方が私の花火より上手だよね、私のは下手なんでしょ」と。

私は自慢したわけでもない、娘の絵をけなした訳でもない、のに、卑屈にとりすぎなんだよ!

どんだけ一生懸命一緒に遊んだり、優しくしようとしても全部マイナスにとられたらやってられない!

こんな時はどうすりゃいいの。

嵐が過ぎるまで待つしかないのか!?

親は下唇でも噛んで全部我慢しろってのか!?

私だって疲れてきてるわ!

休みたくても付きっきりなんだわ、けど、付き合ったら付き合ったで文句言われて。

私だって泣きたいわ!!

まだきちんと治っていなくて具合悪いのはわかってる。

そんなのずっと看てたのは私だからわかってる。

だけど、これはない!

はっきり言ってイライラするし、何度も何度も不機嫌な態度でムカつくわ!

私は娘にハッキリ言った。

「そういう態度や言葉は私も一緒にいていい気しない。誰だって嫌だと思うよ。改めないと嫌われるし、あなたに何のメリットもないよ!」

病み上がりにはきつかったかもだし、もっと優しく抱き締めたりとかした方が良いのかとも思ったけど、あんまりひどいのできつく言った。

自分が食べていたお菓子をかけらのまま飲み込んでしまって嫌だという理由のギャン泣きの時は、なんなの!?これ、と思いながら、抱っこしました。

ロング抱っこ。

少し落ち着いたようだったけど、明らかに眠そう!だとわかり、横になって休むように言うと、すぐ寝息をたて始めました。

まだ16時。休めと言うと、やだ遊びたい一緒に遊ぼう!→キーキー文句やひがみ。本当に頑固だ。

やっぱり疲れてたんじゃないか。だけど静かでいいやと思った。

不機嫌な感じの連続だが、なんかこうして書き出すと理由がバカみたいなことで笑ってしまう。

本調子に戻るまで、まだしばらくはこの不機嫌を我慢するのかと思うと、季節外れの冬眠をしたくなるが。

それだけ娘の体に負担があったということだね、今回の高熱。

子供もつらいけど、親もつらいよね。

頑張れ!病気している子供達!!頑張れ!看病中のお母さんお父さん!!



スポンサーリンク

8 Responses to “解熱後の不機嫌!4歳娘の看病疲れがピークの頃にこの我慢の連続。子も親も頑張れ!!”

  1. ミミ より:

    うわーーーめんどくさい(すみません人の子に…)
    私ならもう、泣いて見せて、思いっきり被害者面するかも。
    これだけのことをあなたはしてるのよ、と。
    親がなく姿を簡単に見せてはいけないんでしょうけどね。
    メチャクチャお疲れ様でした!!

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      本当にめんどくさいです!しかも私もキレて泣いてしまいました。しかも二度も。昼寝するくらい娘の体調はまだ悪いみたいで心配なんだけど、、母とて人。私なんて只の人なんで本当に今回はメンタルが厳しかった!今日もキーィー!って絶叫泣きしていました。まるで3歳の悪夢に戻ったみたいです。脳がやられたのか?と心配にもなってきています。
      明日はどうなるかまた心配ですが、踏ん張りたいと思います。
      コメントありがとうございます!

  2. まゆゆ より:

    キュツ母さん
    おはようございます(早過ぎる・・・?)

    看病、本当にお疲れ様でした。なにはともあれ、熱が下がって良かったです。

    季節の変わり目のせいか、私の周りでも体調を崩している子が多いですよ。子も親も、体調管理に気を付けないといけない時期ですね~。キュツ母さんも、お疲れが出ませんように・・・。

    「もっと優しく抱き締めたりとかした方が良いのかとも思ったけど、あんまりひどいのできつく言った。」

    って、すごくすごくよくわかります!

    育児書とかにも「きつく接して得することはなにもない。よけいに泣かれるだけ」みたいなこと書いてあるし、頭では「優しくしたほうが良いんだろうな。それがお互いのためだよな」ってわかっていても、ブツッと自分の中の ”何か”が切れて、「思う」よりも口が先に出てしまうことが私にはよくあります・・・。

    「自分が食べていたお菓子をかけらのまま飲み込んでしまって嫌だという理由のギャン泣き」これもわかります~(笑)
    うちは、「海苔が口の中にへばりついてギャン泣き。逆切れ」ってのが多いですね。だったら食べなきゃいいのに、また食べて再び癇癪・・・w

    早く、娘さんのご機嫌が戻ると良いですね!!

    • キュツ母 より:

      >まゆゆさん
      優しいお言葉本当にありがとうございます!まだ本調子ではなさそうですが、今日はなんとか乗り切りました!
      まゆゆさんが共感してくださったように、私は思うより口が出てしまうことが多々あります。情けない限りです。

      ブツって何かが切れる感覚、すごくわかります!ブツってなりたくはないのに、畳み掛けられるとどうにもならなく、後から自己嫌悪です。

      海苔のエピソードすごい!それでも再びチャレンジするとは素晴らしいです!まゆゆさんは勘弁してってなりますよね。諦めない!ってところは偉いけれども。その時は大変なんだけど、後から笑えますよね、何故そうなる?みたいな。

      ご心配おかけして申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。コメントありがとうございます!

  3. チャンとも より:

    我が家の息子3歳が今まさに解熱後の不機嫌でかんしゃくがすごくて今日は何回も涙がでてきました。つい検索してキュッ母さんを発見し激しく同意と共感した今です。息子は言葉がまだたくさんでないのでとにかく泣きわめきます。いつまで続くのかと心が折れそうでしたが私だけじゃない!と分かってやる気がでました!ありがとうございます!明日はより笑顔で乗りきります!

    • キュツ母 より:

      >チャンともさん
      解熱後のかんしゃく辛いですよね、、。体調が悪いからとわかっていても親も辛いですよね。
      この記事がチャンともさんに響いて私は書いて良かったです。
      息子さんどうかお大事にしてくださいね。チャンともさん大変だけど頑張ってください!応援しています。
      コメントありがとうございます。

  4. みー より:

    私もまさに検索でたどり着き、「私だけじゃないんだ!」と救われました(T_T)3歳半の息子が、発熱後の不機嫌続きで、さすがに我慢できず。。まだ本調子じゃないと思っても熱は下がってるし、どこも痛くないと言うし、それなりに甘えさせてるのに、とにかく不機嫌!モンスタークレーマーという言葉が本当にぴったりで、激しく同意しつつ、横で眠った息子が少しかわいく思えました。明日もいちゃもんつけられたら「きたきた、ちっこいクレーマーw」と少し心の余裕を持って接することができそうです。励みになりました!ありがとうございます(*^^*)

    • キュツ母 より:

      >みーさん
      お辛い気持ちお察しいたします。モンスタークレーマー状態、小さいとはいえ立派なクレーマーですよね。励みになったなんてこちらこそありがとうございます。ちっこいクレーマー、大変ですけどここから大声でみーさんと娘さんを応援しています。
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ