1609cuteheader2

【育児 笑った話】幼稚園年中4歳娘の数の呼び方。

日本という国以外のことを詳しく知らないが、日本語ってすごい。

覚えることがたくさんあるよね。

ひらがな、カタカナ、漢字、そして、、数字。

娘はもう100ちょっとまでは数えることができるが、数が言えるだけではダメなんだよね。

例えば日にちについての数

ついたち、とか、ふつか、とか、そういうやつ。

この間笑ったのは、娘がいきなり、「ねえママ、今日ってジュッカだっけ?」とか言ってきた。

10日(とおか)のことをジュッカだと思ったみたいだ。

実に面白い。さすが子供!と思った。

10にちのことをトオカって言うんだよ、って教えたんだけど、未だに間違えることあり。

更に、ひとつ、ふたつ、っていう数え方

娘がいつつのことを、「ごっつ」って言った時はどうしようかと思った。

真面目な顔で「ラムネ、ごっつももらっていいの?」みたいなこと言うので、吹き出してしまった。

娘なりに考えて、ごっつってなっちゃったんだよな、ハーおかしかった。

いつつ、も難易度高いらしい。

そして、これには唸ったよ。

娘は英語なんかもちょっと好きみたいなんだけど、英語の数ね。

ワン、ツー、スリー、フォー、~テンまでは数えられるんだけど。

娘が夫と公園に行ってブランコをしていた時、英語で数を数え始めたんだって。

テン、まではスムーズだった娘、その後の数は、テンワン、テンツー、テンスリー、って数えたらしい。

聞いて爆笑してしまった。

なんだよそのトンチ!私なら思いつかないよ!!

10と1だから、テンにワン、10と2だから、テンツー、なるほど!!実に実に面白い!

イレブン、トゥエルブよりわかりやすいね!!

やっぱり子供の感性は素晴らしい!!こういう間違いは大好きだ!



スポンサーリンク

2 Responses to “【育児 笑った話】幼稚園年中4歳娘の数の呼び方。”

  1. パンダ より:

    ゴッツ!思わず吹き出してしまいました。(^∇^)
    そして以前バラエティー番組でジミーちゃんが20をテンテンと言ってたのを思い出しました。笑
    子供の感性は本当に素晴らしいですね。
    ママの笑顔になりたい、なんて作詞家でも思いつきませんよー。
    ギリギリの精神状態になった人しか分からない「諦めないで本当に良かった。」
    この言葉に尽きますね。

    • キュツ母 より:

      >パンダさん
      ジミーちゃん20をテンテンて言ってたんですね!すごい!娘、感性同じ!笑 ゴッツも本当に笑いました。大人が予想もつかないことを考えているのが子供ってすごいなあと思います。
      主にかわいいことを言ってくれる時、特に諦めないで本当に良かったと思います。大変な時もあるけど、嬉しかった言葉や、楽しかった言葉を書いて覚えておくと、これからも頑張れそうな気がします。
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ