1609cuteheader2

子供の自己肯定感を高めるために意識してきたこと。褒めることプラス、笑わせること。その理由。

叱ると子供の自己肯定感が下がる?

私はそれはなんの信頼関係もない場合なんじゃないかと思う。

叱るだけで自己肯定感が下がるような親子関係を作らない方がいい。

何が必要か考えてみた。

スポンサーリンク


子供の自己肯定感を高めるために
叱っても自己肯定感を下げないために必要だと思うこと

叱ると子供の自己肯定感が下がるから、ひどいことをしていても本気で叱らない。

そんなことが日常の子供が大きくなったら、どうなるか想像してほしい。

脳がやわらかな時期を通り過ぎてしまったら、習慣にするのが大変だ。

ある程度の年齢なのにマナーや人の気持ちがわからなかったり、挨拶ができないと困るのは親じゃない。

子供本人がいつの間にか周りの関わる人達から、叱られたり、嫌われたりすることをわかるようになるだろう。自分の思うがままが許されないことに憤りを感じるようになるだろう。

そんな状態で大人になるまでに自己肯定感は育つだろうか?私は無理だと思う。

でも叱ってばかりの毎日では子供の自己肯定感は育たない。

ではどうしたら良いのか?

まず、小さなことでも褒めることの大事さ

良く褒めることが大切だと言われている。確かに私もそう思う。

何故なら、私自身が特に12歳くらいまで、頑張っても頑張っても褒められずに過ごした為に、能力の割には自己肯定感がものすごく低い人間に育ってしまったからだ。

親に認めてもらえないというのは、自己否定に繋がる

親にも褒めてもらえないのに、努力して頑張って何の意味がある?と将来まで悲観する。現実私がそうだったなので、褒めることの大切さは身に染みている。

どんな小さなことでも、自分の気持ちが大丈夫な時だけでも、どんどん褒めたら良いと思う。

褒めていけば、褒められることが嬉しくなる

きちんと叱って、きちんと褒める。これをしていけば、メリハリが生まれて人格形成としても良いと私は考える。

叱られたことがない子は、他人から本気で叱られた時に、受けとめることを拒否したり、叱られたことがショックで挫折しやすくなる、打たれ弱く伸びしろが少なくなることが懸念されているとも最近ではいわれているようだ。

そりゃ身内の親に真剣に叱られたことがないのに、他人に本気で叱られたとなれば、ショックは相当なものだろう。

悪いことをすれば叱られることもある、良いことをすれば褒められることもある、そのことを子供の頃から知っておくことも私は大事だと思う。

そして思うのは、褒めることは大事だけど、そんなに褒めることがない時ってあるよね?ってこと。

私は小さなことでも褒めるようにはしているけど、毎日毎日そんなに娘のことを褒められない。

実際、娘は5歳で軽度発達障害と診断されたけれど、2歳前から3歳半くらいまではもうイライラしてばかりで、褒めることなどほとんどできなかった。

そんな中でも娘の自己肯定感を損なわない為に気をつけていたことは、とにかく自分の気持ちが普通の時はせめて笑わせることだった。

もちろん無理な時もある、そんな時は笑わせることなど考えられない。無理する必要はない。だけど意識するだけでだいぶ違うと思う。

これは叱ってもへらへら笑ってしまうような緊張感がないタイプの子供には向かない。その場合は別のしつけ等が必要になると思うが、娘のタイプが違うので割愛する。

なぜ自己肯定感のために笑いが必要なのか

叱られると緊張する。只でさえ、うちの娘は赤ちゃん時代から敏感で緊張感が強かった。

外でもとにかく不安、緊張感が伝わってきた。世界に慣れるまで時間が必要な子供だった。

2歳くらいまでは、くすぐってもほとんど笑わないことが多かった。児童館で皆くすぐる遊びをした時も、かたい表情のままくすりとも笑わない子だった。その癖に頑固で親の指示が響きにくい子だった。

今は自閉症スペクトラムと診断されて納得もした。だけど、健常の子でも私は同じように笑いを意識したと思う。

きちんと叱ることは必要だと書いた。叱られると緊張する。

緊張感をゆるめるにはどうしたら良いか。

それは褒めるだけではダメだと思った。抱きしめることも、大好きだよと伝えることももちろん大事だと思うけれど。

一番は笑わせることだと思った。

笑うことは大人になれば、愛想笑いも自在にできるが、幼児の頃はそうはいかない。

心から笑うということは心がリラックスしている証拠
だ。

緊張感の強い子供には明らかにリラックスが欠けている。

叱る必要があればあるほど
、叱られることで気持ちは更に緊張する。

大人だって叱られている時にリラックスできる人はいないだろう。

叱られる時はきちんと叱られなければならない。そこに笑いは必要ない。

笑いが必要なのはそれ以外の日常だ。

笑わせてリラックスさせる、下らないことで笑いあうこと、それはお互いが安心していて信頼関係があるからこそできることだと思う。

褒めることも大事だが、究極は笑わせること、笑いあえる明るい関係をつくること。

ただ、褒めていればいい、褒めていれば安心だったか?娘には不十分だったと思う。

笑わせることは娘の明るさを引き出すことにもなった。笑いあうことは好きでないとできない。笑いあうことで娘に無言の愛は伝わる。

家庭の中が明るい冗談が言える雰囲気だと心が安心できる。

例え、今すぐ褒めることがなくても。笑わせること、笑いあえることは、褒めることとプラスすると強烈に自己肯定感を高めてくれると考える。

対人関係にも役立つ。いつも仏頂面の友達より、明るい笑顔がある人の方が一緒にいて楽しいと思う。

いつも怖くて叱ってばかりの先生より、下らないギャグを言う先生が好きだった。心が許せる感じがしたからだ。

真面目に生きることも大事だが、あまりに堅苦しいと生きることに疲れてしまう

笑う、それっていうことはとても高度な感情だ。笑いは自分を助けてくれる。

別にお笑い芸人ばりにバカなことをしなくてもいい。子供を笑顔にさせるようなことを意識すれば良いのだ。

人生にユーモアは必要だと思う。

くすぐっても笑わなかった小さかった頃の娘も、意識して繰り返していく内に、様々な工夫をする内に笑うようになってきた。

その内、ほとんど触ってもないのに、くすぐる仕草をしただけで大笑いするようになった。

言葉がわかるようになったら、娘に下らないことをたくさん言った。

初めはユーモアがわからずほとんどがキレて言い返してきていたが、最近はツッコミを入れながらも、母のユーモアがわかるようになってきた。

たまにわけのわからないギャグも自分で考えて言うようにまでなった。お友達同士でも、ちょっとしたテレビの面白い場面でもアハハと笑える子になった。

5歳で軽度アスペルガー自閉症スペクトラムと診断され空気を読みにくい特性があるのがわかったが、だいぶユーモアがわかるようになったことは、今後の娘の対人関係を朗らかなものにしてくれると思う。

何より私は笑う娘が大好きだから。

笑えることは幸せなことだ。笑うことは楽しい。

娘と散歩の時、何気ない時に目があって、にこりと笑いあう時、これまで散々イライラしたり叱るを通り越して怒ったりしてきたことも多々あったけれど、娘の自己肯定感は損なわれていないなと思える

褒めるだけではなく笑わせること、明るく楽しい雰囲気を家庭でつくることが、子供の自己肯定感を高めるために必要なのではないかと私なりに考えている。

笑わせるって一体どんな風に?って思う人もいると思う。

笑いが大事と書いておきながら、くそ真面目な文を書いている私なりの子供を笑わせてきたアイデアを次に書きたいと思う。

余談だが、このブログを始めてイライラしたり、鬱々したり、悩んだりしながらも【育児 笑った話】として、自分が子育てで面白く感じた部分を取り上げてきたのも同じ理由です。

笑えることで自分が救われてきたからです。これからも大事にしていきたいと思っています。



スポンサーリンク

5 Responses to “子供の自己肯定感を高めるために意識してきたこと。褒めることプラス、笑わせること。その理由。”

  1. ミミ より:

    全部、そうだな…と思って読みました。
    私の母は、誉めることもしてくれたけど、叱るときに少しでも友達の名前を出すと、「人のせいにしないで!悪いのは自分!」と言って家に入れてくれなかったので、
    (主に時間までに帰れなかったときですが)
    けっこう傷ついた記憶があります。私も人のせいにしたのは悪かったけど、もう帰る時間だと言っても、帰るなと言われて帰してもらえたくて困ったので、
    更に母に怒られてほんとに滅入りました。
    私が辛いことがあったとき、でも私がダメだったんだ…と思うのは、母のせいじゃないかと思ってます。
    しかし母も、大人になってから色々相談を聞いてみると自分を責めることが多々あるので、そういうしつけをされたようです。
    私はこれから先、娘を叱るけど、根を否定するのとはしないようにしたいです。
    しかし…ちょっと話ずれるけど、昨日ご飯を食べないで何度も落とすから、「遊ぶなら、もうナシね」とお皿を取り上げて、主人に注意されて娘にお皿を返すとき、
    どうせ食べ物床に落とすしなと思ってお皿を床に置いてしまいました。
    今は人間としての尊厳を潰す最低な行為だと思ってます。
    なんか、ほんとに自分の人間性にがっかりです。
    またあんな感情にならなければいいんですが…。

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      母親からのしつけは本当に歴代そのままそういうことできているんだと思いますよね。私の母は愛情の偏りもあり、私は好かれなかったのも自分の自己否定の要因ですが、母の母も今思えばあまり教養のある人でなかったので様々悩みはあっただろうなと思います。私は自分のように娘がならないように気をつけていきたいと思っています。ミミさんはお母様の育ちまで考えることができて優しいなと思います。

      娘さんの食事の件、そんなにご自分責めなくて大丈夫ですよ。私も娘が同じような歳の頃本当に頭にきていたのをつい昨日のように思い出します。
      小さくても、愛していても頭にはきますよ。
      旦那さんに注意されたりすると余計に頭にきませんか、私はすごく腹立つのでその感情が子供に向かっていたりしたこともあったかもしれないと思います。良くないのは頭ではわかっていましたが自由のない毎日ではなかなか理性でどうにかなるもんじゃないです。
      本当はね、注意じゃなくてミミさんの大変な辛い気持ちに寄り添ってあげて欲しいのですよ。難しいことかもしれないけれど、私はミミさんの気持ちわかるからひどいとも思わないかな。大丈夫ですよ、深く考えすぎずにいきましょう。毎日とても頑張っていますよ!
      コメントありがとうございます。

  2. えこ より:

    こんにちは。
    夏休み、終わりましたね~。
    なんとか乗り切れました!

    今回の記事も参考になりました。
    うちの娘も赤ちゃんの時から笑顔が少ない子でした。
    褒めても喜ばないタイプで張り合いがなく、いつしか私は褒めることをあまりしなくなってしまいました。
    先日の検査で心理士さんに「簡単な問題をクリアした時に褒めてもしら~としていますね。難関な問題をクリアした時に褒めるとすごくいい笑顔になります。難しいほど燃えるタイプですね。」と言われて、ああ、この子はそういうタイプだったんだ~と分り、褒めるタイミングの見極めが大事だなとまでは考えているのですが・・・相変わらずなかなかできてません(;´・ω・)

    もうかなり自己肯定感低めの子供になってます。
    私自身、実母との関わりで低めなので私に似てきて困ったな~と思ってました。

    笑わせることの大事さ、今回の記事で痛感しました。

    子供も大人も笑顔の人には魅力ありますもんね。
    笑いがある処に人は集まります。

    笑わすことも私は苦手なのですが、気負わず探っていこうかな。
    続きも楽しみにしています!

    • キュツ母 より:

      >えこさん
      やっと終わりましたね、夏休み、本当にやっとなんとか乗り越えられました。お疲れ様です。

      難しいほど燃えるタイプとは!娘さん賢い子なんだなあ、色々なタイプがあり面白いですね。心理士さんてすごいですね。良く見ているんだなあ。

      笑わせるのってやっぱり苦手な人は苦手だと思うんですよね、笑わせるのが似合うタイプとそうでないタイプいますもんね。私はいつのまにか自分の中にバカな自分がいてそれを娘を困らせつつ、ついつい出してしまう私がいます。でも改めて、皆が皆で笑わせられるテクニックか?と思ったらそうでもない気がしてきました。が、えこさんの娘さんが笑ってくれるかはわからないけど、アイデアまとめ次第書きますね。
      いつも読んでくださってありがとうございます!

  3. […] それは小さなことでも気付いた時は褒めることと、笑わせることです。何故笑わせることが必要なのかはこちらの記事にあります。 […]

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ