1609cuteheader2

子供に発達障害が見つかった親はそこからたくさんもがくんだ。私も受容はまだまだこれから。

娘が発達検査からの自閉症スペクトラム(ASD)の診断を経て、3ヶ月。

生まれてから、診断まで、子育ての中で散々もしかして、でも違うかも、を繰り返してきた。

診断されて、やっぱりそうだったんだという気持ちと、もっと勉強しよう、娘の理解者でいようと心から思った。

そこから、すんなり、「障害があるからこうなのねー、うんうん、ニコニコ」なんてなれますか?

スポンサーリンク


私は最初こそ衝撃を受けながらも、もちろん納得したし、「そんなはずはない!うちの子が発達障害なんて!」って信じられずに激怒したとか、そういうことはない。

だけど、診断されてからの園の様子の悪い面が見えてきたり、もう少しこうできたらいいな、と思う部分は私の欲なのかもしれないが、やっぱりある。

障害だからって諦めたくないし、自分が働きかけることで少しでも娘の役にたちたいと、フォローしたいと思うようになったし、

その想いがまだ強すぎて、空回りして怒ったり疲れたり、現実はうまくいかなくてひどく落ち込んだりしている。

障害だとわかっていても、ね。

まだ、3ヶ月。

私は娘についてイライラしたり、落ち込んだりしちゃダメなんですかね?

そんなことないよね、と私は思う。

まだまだたったの3ヶ月。年齢も上がってきたりして、これからどんどんいろんな悩みとぶつかっていくはず。

どれくらいかかるかわからないけど、もっと時間が経てば、私も力を抜ける部分とそうでない部分とのバランスがうまくいくのかもしれないけど、そんなにすぐ何もかもが理想的な親にはなれないんだと今は思っている。

悩みなんて、障害が皆同じじゃなく、同じ診断名でも個性があるように、同じじゃない

その子の個性によって皆親として違う悩みがあるでしょう?

障害があるからこそ、落ち込んだり悔しかったり歯がゆかったり怒ったり虚しくなったりするんじゃないの?

健常児でも障害児でも、ネガティブな本音は現実でもネットでも、蓋をしておいた方が良いのかな?

私は申し訳ないけど、今まで育児に関するネガティブなワードでたくさん検索した。

そして同じく悩み頑張っている人に共感し、また頑張ろうと思えたものだ。今もそう。

子育てにおいて、悩みがない人もいるのかも知れない。

子供がかわいそうだから、障害なんだから、そんなこと書いてやるなよ、イライラしすぎと思う人もいるのかもしれない。

じゃあ、そういうどうにもならない不燃ごみが出てきた場合は、匿名の掲示板や、質問回答のサイトなどで発散するしかないのかな?

ひと組の親子として、悩みや想いや、障害だったこと、それをこれから受容していくまでの想いを赤裸々に書いてはいけないのかな?

やっぱり母親に感情はない方がいいのかな?それを見せてはいけないのかな?

ブログは(今のところ)続ける気ではいるけど、まだまだ私は今からが娘の診断に対しての本格的受容であるので、これから頑張らなくてはならない。

娘は健常の子に混じって、女子なので比較されたり、色々言われたり言ったりしながら成長するんだ。

娘も娘で、私が教えようと教えまいと、できないことを勝手に比較して、もしくは指摘されて、

自分はダメなんだ!とすごくネガティブにいってしまい、その怒りを不当に私に当てられたりするのだけど、

そういうのを耐えながらの毎日になるのだろう。

どこに地雷が落ちているのかわからない不安も常にある。

娘も私もこれからたくさん悩んでいくでしょう。

娘の問題だけでなくて、様々な親御さんからの目もある。

その中で受容していくことは容易なことでないと今実感しているところだ。

診断直後はその後の自分の揺れがどうなるのか、まだ未知だったけど、今はああ、こういう気持ちを通るんだな、と思っている。

今はまだ沈みそうになりながら、もがいている最中です。

どうか、過去の記事の中に不愉快な表現があったとしても、おおらかに見ていただけると私も助かります。

未来の記事に関しても、

私はこのブログを綺麗事ばかり、楽しいことばかり、育児ってハッピー、障害児だけど毎日こんなに楽しいよ!みたいなブログにしていく気はサラサラありません。

正直な気持ちを書き綴ることに意味があり、そこから反省して気付くこともできるので、スタンスは変えません。



スポンサーリンク

16 Responses to “子供に発達障害が見つかった親はそこからたくさんもがくんだ。私も受容はまだまだこれから。”

  1. こぱぐ より:

    お久しぶりです。
    最近、自分に余裕がなくてコメント控えてましたが、いつもブログ読ませてもらっています。

    キュツ母さんの正直な思いがいつも綴られていて、それを読むことで私も抑えていた自分の本心に時には涙を流したりしながら、受け止めたり、楽になれたり、良い刺激を受けています。

    私も同じように少し難しい子を育てていて、日々試行錯誤で壁にぶち当たって、ジェットコースターな感情で生きています。

    キュツ母さんのブログ読んでいると、ここにもがんばっている人がいる!私だけじゃないんだ!って、とても励みになるんです。

    綺麗事ばかりじゃないからこそ、リアルで心に響くんです。

    それと、どんなにイライラしてもキュツ母さんが娘さんを愛していらっしゃる気持ちが痛いほど伝わるから、愛があるのがわかるから、このブログは素敵なんだなって感じています。

    また、のぞかせてもらいますね☆

    • キュツ母 より:

      >こぱぐさん
      いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
      とても嬉しいです。私も毎日ジェットコースターの中で過ごしています。
      ご心配おかけしてしまいすみません。
      私は私!と強くいられる時もあれば、何かが重なって自信喪失してしまうこともあります。
      そんな時ブログを書く事で発散してきたり、コメントをいただいてまた頑張ろう!と思ってきましたが、落ち込んでいる時に第三者からの私への叱咤のメールをいただいて凹みすぎてしまいました。
      凹んだと同時に、いや、やっぱり色々無理だ、私のブログの方向性はこのままでいようと思って、苦しみながらこの記事を書きました。
      こぱぐさんありがとうございます。
      また、リフレッシュして頭を切り替えて頑張りたいと思っています。
      コメントに感謝です!

  2. コピママ より:

    ご無沙汰しております。
    何かありましたか…?
    誰もが見られるブログですと、やはり色々な意見がありますよね。

    私は子供を産んでから、子育てブログをよく見るようになり、
    ほとんどがやはり楽しい話が多い絵日記ブログです。
    が、わざわざコメントを書くのもこちらだけ、一番救われたのはキュツメキタイプでした。

    どのお母さんも絶対に悩みや愚痴もあると思います。
    それをブログに書くかどうか、なだけで。
    私は辛いことの方が多かった子育て、キュッ母さんの正直な気持ちを書いた文章に出会ったおかげで、ものすごい味方を見つけた気がしましたよ!
    本当に感謝しています。

    これからも応援してます!
    またコメントもさせていただきますね。

    • キュツ母 より:

      >コピママさん
      ご心配をおかけしてすみません。
      ちょっと色々重なっていたのと、とある第三者からの私への叱咤のメールが心にズシンときてしまいました。
      ブログをやっているということはそういうことも多々あるとは思って、これまで何かあっても頑張ってきましたが、ちょっと落ち込んでいたのもあって、苦しくなりました。
      それと同時に、やっぱり私はこのブログについても考えましたが、例え批判があっても、今まで通り、赤裸々に気持ちを書いたり、気付いたことを書いたりしていこう、と思ってこの記事を書きました。
      きちんと読んでくださっている方にはどんな日があってもどんな言葉があっても、長期的に見れば私が娘を愛しているのが伝わっているかなと思います。
      少し頭を切り替えて、また普通にブログを私のペースで更新していこうと思っています。
      コメントをいただいて、とても励まされました。コピママさん、ありがとうございます。

  3. st より:

    こんにちは。やっぱり何かイヤなこと言われちゃったのですね。。そういうのって、どんなに理不尽な事言われてもトゲ刺さりますね。。

    はじめましてですが、読み逃げ愛読させていただいてます(^^) 悩んでること、大変なこと、キュツ母さんが書いているからこそ、私は親近感持ったり共感したりヒントを得たりしてますよー(^^) 娘ちゃんのかわいいエピソードも大好きだけど、グチも書いて発散してください。

    悩んでる人にとっては、他にも同じような事で悩んでる人がいて、でも頑張ってるんだ っていうのがかなり心の支えになると思います(^^)

    • キュツ母 より:

      >stさん
      はじめまして。
      そうなんです、トゲが刺さりまくりまして。
      育児のことは他人に文句を言われるとダメージが大きいです。私が自分の感情をばか正直に書いたりしているのが原因なのですが、だからこそブログの在り方を考えてしまいました。
      stさん、励ましていただき本当にありがとうございます。私の心の支えになりました。
      リフレッシュして娘と楽しく過ごせたらと思っています。

  4. さくママ より:

    こんにちは 初めまして
    いつも楽しく拝見させていただいています。今回の記事にビックリしてコメントさせていただきました。やっぱり批判ってあるのですね、、、。私はキュッ母さんの素直な気持ちってすごーく人間的だなぁと思いますよ!だって子育って自分の思うように全然ならないしイライラする事なんて当然の事です!
    私は娘ちゃんのファイトの手紙の記事を見てやっぱりきちんと愛を持って育てているんだなと感じましたしすごく微笑ましくて笑顔になれました。
    どこにでも批判してくるひま?な人っていますよ。特に顔が見えないですし言わせたい奴には言わせとけ〜勝手に言ってれば?と思いますけど。不快ならこのブログを見なければいいだけのことです。
    そんなことに振り回されていたら身が持ちませんよ笑
    キュッ母さんは誰に何を言われようが今まで通りブログを続けてくださいね!
    私は応援していますから

    • キュツ母 より:

      >さくママさん
      初めまして、そしてありがとうございます。
      本当に身が持ちませんよね。時間まで私のために割いて下さったのに、申し訳ないですが、批判のためにわざわざメール?と思って。
      受け止め方次第なのかもしれないけど、スルーできないくらい頭に血がのぼってしまい、しばらく頭から離れませんでした。落ち込んでしまいました。
      他人から見えない日記に書くことも意味はあるけれど、ショックを受けつつも私はこのままブログを続けようと思いました。
      応援していますから、と書いていただいて、本当に有り難いし嬉しいです。気持ちを切り替えてまた頑張ります。
      さくママさんコメントありがとうございます。

  5. まこる より:

    こんばんは。
    お久しぶりになってしまいました。
    でも、いつも拝読していました。
    全力で、首を縦に振って共感したり、キュツ母さんの頑張りに頭が下がったり…
    (やっぱり首は縦に振る 笑)

    パパっとコメントできればいいのに
    あれこれ考えすぎてまとまらず
    読み逃げ状態でした。

    私も、キュツ母さんの、飾らない育児ブログが大好きだし、
    そこに救いを見出した一人です。
    おかげで、娘との関係が良くなることもたくさんありました。
    お嬢さんと同じく、うちの娘も3歳前にして急に色々食べられるようになったし、
    口もかなり達者になったり(笑)

    いつもニコニコ笑顔で何でも受け入れる母になりたいけど、
    子どもがこちらを怒らせることをするのは事実だし
    嫌なことされたら、ママだって嫌な気持ちになるんだよ!
    というのは、教えるようにしています。
    お友達だって、嫌だよって。

    塗り絵が下手でも、トイレがうまくできなくてもいい、
    そんなことでは怒らないけど
    でも、他者にも感情があることはしっかり考えて欲しい…
    そこはかなりうるさく言ってしまってます、私も。

    大好きだよ、大事だよっていうのも
    たくさん伝えてます。
    娘の、ママ大好き!
    というのに甘えてしまってるところもあるけど
    なんとか娘と、母娘関係を構築している途中です。
    まだまだ先は長いけども。

    毎日毎日、本当にお疲れ様です。
    うちも、朝の機嫌が悪いとほんと大変ですが
    なんとかがんばります!

    あ、胎内記憶の話はすごいですね!
    うちの娘は、私が話してしまったことを言うだけなので
    (帝王切開で生まれたので、傷口からパッカーン!と出てきたよって)
    多分覚えてないと思います(笑)

    • キュツ母 より:

      >まこるさん
      こんばんは。ありがとうございます。
      もう私は読んでいただいていることだけで、本当に応援されていると思って、感謝感謝なんです。

      忙しい子育てでいっぱいいっぱいな中、更にコメントを書くことってパワーもいることです。本当になんかすみません。ありがとうございます。読んでもらっていることが幸せです。

      まこるさんも一生懸命娘さんに向き合っていて、私も一緒に頑張りたいなと思えます。朝の機嫌は辛いですよね!痛いくらい良くわかります。
      娘さんもママ大好き!だから、これからもきっと大丈夫です。

      胎内記憶は、忘れた頃にお風呂かなにかで聞くと、何か思い出したり、、するかもしれないし、しないかもしれない。笑
      娘は本当に覚えているのか空想なのか、私もわからないけど、興味深かったです。

      まこるさん、励ましていただき本当にありがとうございます。少し心を落ち着けて、また書いていきたいと思います。

  6. まゆゆ より:

    キュツ母さん、お久しぶりです☆
    ご無沙汰してしまいましたが、ブログはちょくちょく拝見していました。

    子育てについてネガティブなことを言ってはいけない、みたいな風潮があると思うのですが、それもママたちを追い詰める一因になっているのではないかと思っています。

    子供を育てる権利をいただいた人は、もっとその実態をオープンにして良いと思うし、そうすべきではないかと。ネガティブな面をオブラートに包み過ぎているから、実際に子を産んだ時に「えっ、こんなはずじゃなかった」と思う人は結構多いんじゃないでしょうか?

    正直、私もその一人で、もっと子育てのリアルを知っていたら産まなかった(笑)。育てにくい子、育てやすい子の違いなんて、まったく知りませんでしたし、自分の子は育てやすいに違いないと思っていたのでww(私自身は子供の頃、とてもおとなしかったのです・・・。娘とは対照的!)

    キュツ母さんのような本音のブログに、「そうそう、そうなんだよ!」と深夜に一人、PCに向かってニヤニヤしている私のような女性も少なくないはず。

    だから、変な言いがかりをつけてくる人に負けないで、今まで通り更新してくださいね!!
    (文句があるなら読まなければ良いのに、と思うのは私だけですか!?でも、わざわざメールを送ってくるということは、その方自身も子育てで悩んでいるということなんでしょうね。そうでなければ、ブログの内容にそんな風に反応しないと思うので。)

    • キュツ母 より:

      >まゆゆさん
      ありがとうございます。
      そして、すごく頷いてしまいました。
      >子育てについてネガティブなことを言ってはいけない、>ママたちを追い詰める一因になっている
      ありますね!!もっと、こういう気持ちもあるけど、っていう本音が見えても私も良いと思うのです。
      でないと、そういう考えが出てきた時に、自分は悪なんだって思ってしまいますものね。
      私もついつい悪い方に考える時がありますけど、子育てされている人は大なり小なり色々な気持ちを抱えていますよね。

      えっ、こんなはずじゃなかった、そうですね。私も正直申し上げて、経験しなければ全くわからない気持ちばかりでした。
      (私もまこるさんと同じでおとなしい子供時代でした、特に幼稚園時代なんて本当に物静かでした笑)

      今回そういうネガティブが目に見えることを非常に嫌うタイプの方っているのだなと思った次第です。
      私もわざわざメールまでしてこられる意味がわかりませんでした。ちょっと特殊な人なのでしょうけど、一方的に攻撃されるとこちらもダメージが、、。
      もっと強くかわせるようになっていきたいです。
      応援のコメント、本当にありがとうございます!感謝感謝です!

  7. あおい より:

    こんにちは!
    以前育児に悩んでいた時にこちらに辿り着いて、私の心の叫びを書いてしまい、キュツ母さんにはそのまま受け止めていただきとっても感謝しております。もしかしたら名前は違ったかも。

    批判メールをもらったんですね。辛かったですね…。

    育児に悩む親は上から目線の正論なんか求めていないし、それで救われたことなど一度もないです。

    キュツ母さんのコメントには同じ育児に悩むもの同志としての情がありますよね。心がこもっている。

    だから癒される、
    明日もまた頑張れる。

    心があるからこんなに苦しんでるのにね…

    キュツ母さんも気になさらずに。

    • キュツ母 より:

      >あおいさん
      もしいつかの私があおいさんのお気持ちに寄り添えていたのなら本当に良かったです。
      そして私のこともこうして励ましていただいて、感謝です。
      ものすごい勢いで批判してこられるとダメージが半端ないことがわかりました。おっしゃる通りです、批判だけで癒されたり救われることって、ないですよね。
      私もあおいさんのコメントで、また明日頑張れそうです。
      あたたかいコメント本当にありがとうございます。

  8. Ash より:

    こんばんは。
    批判のメッセージ、お辛いですよね。知らない方に言われると、私のこと知らないのに、、と思いつつも傷つきますよね。

    でも、多分、書いた方も子育てで辛い思いをされてると思うんです。キュツメキさんのブログは発達障害関係の言葉で検索しないと出てこないと思います。だから、その方も検索されて読んだと思うんです。きっとその方も大変な日々を過ごしているんですよ。

    中々スルー出来なかったかもしれませんが、いい意味で鈍感になり、ブログの目的、原点に思い出され、これからも本音ブログを続けて欲しいです。
    楽しいことばかりではないですが、出来るだけ楽しく過ごせるよう、子育てしていきましょうね。

    • キュツ母 より:

      >Ashさん
      ありがとうございます。
      そうですね、きっとその方にも色々な苦労があったのかもしれません。
      たまたま目に入ったそれが気に食わなくてってこともあったのかもしれません。
      もがき方は人それぞれですよね。
      おかげさまで気持ちの方はその怒りに向かなくなりました。
      本音ブログは続けていく予定でおります。
      私も大変な中にも笑いを見つけられるように子育てしていけたらと思っています。
      コメントありがとうございます。

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ