1609cuteheader2

11月に雪が降って5歳娘が呟いた。

11月に雪なんて。

私が生まれてからは経験がないことだ。

まさかまさか本当に雪が降るなんて。

昨日から娘は「明日本当に雪降るの?楽しみすぎるー」とずっと言っていたが。

スポンサーリンク


朝起きて本当に雪が降っていて大喜び!

「雪、きたーーって感じだね!超嬉しい!!」と、窓の外を嬉しそうに眺めていた。

幼稚園へは雪を堪能しながら行きたいとのことで、ゆっくり向かった。

雪ががんがん降る中、娘は傘をさしてニコニコしている。

寒いけれど、きらきらした瞳で景色を見ている。

「、、、、きれーい、、、」

「雪って楽しい!」

きゃはははは!!

娘は喜びの反応も大きいタイプで(私もだが)、ちょっとわざとじゃないの?っていうくらい甲高い声できゃきゃきゃ!!!と笑う。

しばらく雪に圧倒されて観察した後、娘からその笑いが出た。

いかにも子供らしく、聞いているとこっちまで思わず笑ってしまう。

しばらく歩いていると、娘が立ち止まって、行く道のずっと先を見ながらポツっと言った。

生まれてきて良かった、、、!

そんなに!

やっぱり雪って特別なんだな!

去年も雪の中を幼稚園に向かったことがあったけど、普段雪があまり降らないところに住んでいると、特別感が半端ないんだな。

娘にとっては空からのプレゼントみたいなものなんだろうなと思った。

私も雪が降ると今でもすごいなあと思うけれど、歳を重ねるうちに、何度か経験していくうちに、新鮮さはどんどん失われていく。

ふと、雪と聞くだけで、寒いし濡れるし、大人になるとわかる、いつもと違う色々と面倒なことが頭によぎったりして。

だけどそんな私の前で、娘が心の底から感動しているのがわかる時、心が潤うのを感じる。

雪が降って良かったなあ、娘と元気にこの道を歩けて良かったなあと思うんだ。

娘ときゃっきゃ言いながら、楽しく幼稚園へ行くことができた。



スポンサーリンク

8 Responses to “11月に雪が降って5歳娘が呟いた。”

  1. オカメちゃん より:

    自然に対する子供の素直な感想には、時々ハッとさせられる事がありますよね〜♪
    日々の生活に潤いをくれる様な…心休まる一言♪

    辛い日もあれば、ステキな日もあり。だからリセットしながら頑張れるんですよね!
    綺麗事で子育ては出来ません。ましてや「持って生まれた」子ですから…。
    育てやすい子しか育てていない人には、育てにくい子を育てている「人の気持ち」は分からない物なんですよね。
    オカメの母親も姉も理解してくれず「こんな子になったのは育て方が悪いから」と何度言われたか…。寝ないのも泣き止まないのも私のせい。ダメよ、と言っているのにやり続ける… それも⁉︎

    子供を受容出来るのは自分です。自分だけです。他人に「受容しなさい、しなければいけません」と言われても、結局自分がするのであって、第三者は「言うだけ」です。
    マイペースで進まないと身が持ちません。
    「受容出来る日」
    「出来ない日」
    があって当たり前。

    「受容出来る事」
    「出来ない事」
    が他人と基準が違って当たり前。

    今、自分が出来る事を自分のペースでやって行きましょう♪
    オカメもそうしています。
    一緒に頑張りましょうね!

    • キュツ母 より:

      >オカメちゃんさん
      心に響きます。本当にありがとうございます。
      周囲が理解してくれないエピソード、オカメちゃんさんのお気持ちが痛いくらいわかります。どれだけ辛かったでしょうか。
      こちらの育て方ではどうにもならない部分ばかり、しかもかなりの長期戦が必要なんですもの、ああ、辛いですよね。

      第三者は「言うだけ」、そうなんですよね。
      出来る日、出来ない日があって当たり前、他人と基準が違って当たり前、ときっぱり書いていただけて、胸がすっとしました。

      受容って私にはすんなりは難しいけど、娘と向かい合って、娘のために、自分のためにも自分のペースで頑張っていきたいと思えました。
      一緒に頑張りたいです!オカメちゃんさんコメント本当にありがとうございます!

  2. ミミ より:

    たしかに子供の時は、朝起きてみっしり積もっても憂うつじゃなかった!遊んだりして!今年の冬、楽しめるといいですね♪こっちは大雪の日にベビーカー無理だからソリにしたら地面の雪が踏みならされてなくてソリも動けなくて歩かせたら歩けなくて泣いてて最悪でした。これからはだっこですね。おんぶは嫌がるので。だっこもですが(;´д`)

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      子供の頃の気持ち、思い出しますよね。
      ミミさんのお住まいの場所だとソリなんかも移動手段になるんですね。とても楽しそう!だけど、その日は大変でしたね。
      大雪の時は小さな子には歩きにくいのでしょうね。おんぶもだっこも嫌がり始めましたか。
      嫌がる子をだっこするのって大変ですよね。お身体、無理しないようにしてくださいね。
      コメントありがとうございます!

  3. さあや より:

    娘もベランダに積もる雪を見て昨日は大興奮でした。
    雪だるま~!とせがまれましたが娘は風邪気味、私も最近体調が良くない事もありまた今度ね、と納得してもらいました。
    以前はやりたい事に一直線で説明してもなかなか納得してくれなかったのに、確かな成長を感じます。

    自分も子供の頃は雪が降るだけで大喜びしてたな~と娘がはしゃぐ姿を見て思い出しました。
    上手くいく日も上手くいかない日もあるけれど、こうゆうホッとする瞬間も大切に日々過ごしていきたいですね。

    • キュツ母 より:

      >さあやさん
      今、私の地域でも風邪が流行っています。体調が悪い時の子育てって大変ですよね。
      でも娘さんわかってくれたんですね!そういうのって成長をすごく感じますよね。
      私も娘がいるとつい自分の子供の頃の気持ちを思い出します。雪っていうだけですごく楽しかったこと。
      いつもすんなりとした毎日ではいられないけれど、日常のちょっとしたことに幸せが感じられるように、大変だからこそアンテナを張っていたいなと思います。
      さあやさんコメントありがとうございます。

  4. こぱぐ より:

    娘さんの「生まれてきてよかった」に、じ~ん…ときてしまいました。

    「ママのところにきてよかった」
    そんなふうに言ってるように思えます(*´︶`*)

    心があったかくなりますね~。

    • キュツ母 より:

      >こぱぐさん
      わー、ありがとうございます。
      そんなふうな意味もこもっていたとしたら、いいなあ、なんて。
      とても寒い中でしたが、娘の表情にほっこりしました。
      雪の中を歩く子供達は皆楽しそうに見えました。
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ