1609cuteheader2

命の母、育児イライラとPMS、生理周期が関係していたら、それも良いかもしれない。

一歳半で断乳して、薬が飲めるようになり、得体の知れないイライラと不安に、婦人科に行ってすすめられたのは、ピルか漢方薬。

その頃にはもう自分の感情がなんでそうなっているのかわからなくなっていて、漠然と生理前のイライラが明らかに産前より増している?みたいな感覚だったので、婦人科へ行ったのだ。

娘を連れて行ったが、狭い待ち合い室でうろうろするし、うるさいしで、いるだけでストレス、混んでいたから、2歳にならない娘を順番がくるまで外であやす、、。

ただそれだけでどっと疲れてしまう。

で、ピルと漢方薬。

なんかピルって大げさに思えちゃって、、とりあえず漢方薬にした、合うかわからないから、1ヶ月、標準的なPMS用の加味逍遙散だかなんだか、、。

期待して飲んだけど、、何も変わらず。、またしばらく何も飲まず、、。

でもどうにもイライラするし、体が重いし、気持ちがものすごく辛い。

それで、そうか、大変疲れる思いをして、病院で漢方薬なら、薬局に命の母っていうのがあるじゃないか!となり。

ピンクの命の母をすがるように飲むようになりました。

初めは薬局の漢方薬より効いたように思った。血の道症(産後のホルモンの乱れ)も効能に書いてあり。

いくつ買ったかな、ってくらい、飲んだ。

途中で命の母ホワイトに変えた。

少し高い方が効くんじゃないか、と思って買ったこともあったけど、何故か胸元に吹き出物ができて、効果も私にとっては?で、結局ピンクの命の母に戻っていった。

3ヶ月くらいはすごく効いたように思っていた、それでもイライラはしていたが、飲まないより良くなった自覚があった。半年以上続けていたように思う。

途中で、カルシウムの足りなさと、鬱症状がひどくなり、命の母では太刀打ちできないことに気付くまで、ずっと続けていてお世話になった。

もし、育児のイライラが、鬱とかでなく、妙に生理前に集中しているPMS悪化のタイプなら、命の母も、試す候補に入れても良いかも知れない。

サプリメントや漢方薬は合うか合わないか、個人差があるから、試す選択肢としてあげておこうと思う。
自己責任でお願いします。

命の母は薬局で取り扱いが多く、3000円以内だったように思う。

自分に合うものが見つかれば、気持ちだって少し落ち着くはずだ。育児でイライラすることを精神論でどうにもできないときは、頼って良いものがたくさんある。育児している人に良いものは、自分だけじゃなく、子供にも良い影響がある。
節約したくて、、という人もあるだろう(自分がそう)が、我慢してイライラを子供にあて続けるより、少しのお金で変わることもあるかもしれない。それは悪いことではないと私は思う。



コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ