1609cuteheader2

6歳幼稚園年長娘にはまだおまじないが効く。

6歳娘がお腹が痛いと言い出した。

お風呂に入って温まっているのに。

冷えてはいない、夕飯の食べ過ぎか。

どんな痛みか聞いたけど、よく原因が分からない。

トイレに行ってみたらとか、とりあえず気にしないでいたら?とか言ってみたけど、一度気にし出したら気になるようだ。

こんな時、もう寝たら治るよと言って、気にしないことが多いんだ。

だいたい本当にヤバイ時というのは、母の勘でわかる。

今回のはそんなにヤバくないと判断した。

だけど、布団の中でもお腹の痛みが気になる娘。

こんな時は、、しばし考えて、昔ながらのあれだと。

娘に今からママがお腹の痛みが取れるおまじないをするね、と伝えた。

これまで私と娘のおまじないみたいものとしては、

娘が転んだり、どこか痛いところがある時、私は「痛いの痛いのとんでけ~!」と言うあれをちょっと味付けして行ってきた(すごくおおげさ)。

娘の痛さが私の口に入ったフリをして、それをゴクッと飲み込む演技をし、「痛い!」と喉や胸を押さえ、まるで私にうつったように見せるというのを良くやっていた。

コミカルに演じちょっとした笑いと面白さで、痛みから気をそらせる、それは私なりのおまじないのようなものだったが、。

ちゃんとした?おまじないは初めてだった娘。

おまじない?って布団の中で不思議そうな声を出した。

私は真剣な顔で娘のお腹に手を当てて優しく撫でながら、「ちちんぷいぷい、ちちんぷいぷい、、」と、一番ベタっぽいおまじないを試してみた。

半分ダメ元で。

そうしたら、娘はしばらくして「あれ?痛くない気がしてきた」と言ってきた。

私は内心びっくり。

こんな子供だましで本当に効くとは!おまじない恐るべし。

「効いてきたなら良かった」と伝えたら、もう眠かったようでそのまま寝息をたて始めた。

朝になったら、昨夜のお腹の痛みなどもう忘れている。

娘にはまだまだおまじないが効果ありあり

子供って面白いな、純粋だな。



スポンサーリンク

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ