1609cuteheader2

小学校参観日、クラスに発達障害と思わしき子が集まっていたことと感じたこと。

先日小学校の授業参観日があったので行った。

娘の学年は1学年3クラス。

入学式の時に既にちょっとこのクラス大丈夫かな?ということがあったのだけど、案の定だった。

スポンサーリンク


娘の入ったクラスには発達障害と思われる子が他のクラスより多い。他のクラスの集中力と全然違うのが通り過ぎただけでわかるくらい。

多分まとめられているんだと思う。

私は入学前に小学校に就学支援シートを提出して副校長先生とお話しているので、そのまとめの中に入れてもらったんだろうなとなんとなく感じた。

ただ、娘は基本的にルールを守るタイプなので、ほとんど問題になっていないのだけど、参観日に行ってびっくりしたのは、補助の先生がお一人で複数の子の面倒を見ていたこと。

授業についていけないかやる気がなくて机を蹴ったり、中のプリントをぐしゃぐしゃにする子、途中で伏せて寝てしまう子、クラスから飛び出して廊下にいて席につけない子。

姿勢が悪くてやじなんかを飛ばすような子でも、机にいるだけでまだましに見えてしまうクラスだった。

少し娘からは聞いていたけど、こんな状態だとは。

娘にとっては小学校の最初のクラスがこれなので、これが娘にとっての普通の学級の状態である。私が思うほどおかしいとは思っていないような気がする。

年長の療育に行っていて良かったと思うのは、小学校に向けて予習のように教えていただけたこと。参観して手を挙げたり頑張っている娘を見られてホッとした自分がいた。

気になるのはその問題行動の子供達。

補助の先生は年配の先生なのだけど、もう目が回りそうな忙しさ。

そして、やらせよう、授業を受けさせようという気持ちはあるのだけど、その子達と信頼関係は築けていない状態。

さっきまで授業を受けていなかった子が、次の授業では結構やる気になって頑張っていても、別の子が立ち歩くのでその子を褒めてやることができない。

結果、悪い循環になっているのではないかということ。

しかも褒めて伸ばすことがおそらく担任の先生は静か過ぎてできないタイプなんだな。人によってやり方は違うと思うし、もちろんできて当たり前で、できない部分はどうにもならないと思って淡々と過ごしているのかもしれないけど、もう少しの何かが積み重なれば、彼らももうちょっと変わるのかもなという気持ちがして歯がゆかった。

でも学校を責める気にはなれない。

かわいそうなのはその子達だ。

あれじゃ全く授業を受けている意味がない。1年生でこんな状態だとおそらく高学年では全くついていけないし、指摘し排除してくる子も出てくるだろう。

勉強にもならず、友達にも嫌がられ、小学校に行きたいと思えるだろうか。

その子らの中の親御さんをひとり見たけれど、なんとかさせたいのにどうにもならない苛立ちと疲れが見て取れた。

お母さんがそばにいても荒れてしまう。いないと見ていないのでもっと荒れていた。

それを見つめている私のことを途中で気がつきものすごい顔で睨んできた。ぼくはみせものじゃないんだ、そんな気持ちだろうか。

かわいそうだと思った。

彼にとって普通級にいることが本当にメリットになるのだろうか。

もう障害と知っているのならば変化はあるのかもしれないが、そうでない場合、今の状態が悪化して更に時間がかかるだろう。お母さんの気持ちは荒れるだろう。

その方を見て、家庭がうまくいっていないことを感じた。おそらく父親も激しい人物なんではないかなと。どこに向いてもストレス、家庭と子供のことで苦しんでいるようなそんな感じがした。勝手な想像だけど、苦しんでいるのは間違いないと感じた。

かと言って私にはどうにもできない。どうにもしてあげられない。

子供もその方の人生も。

クラスから出てきて授業に参加しない子が別に廊下にいて、補助の先生が中の子に教えたりする間、ひとりだったので、こそっと話しかけに行った。

席につかないの?

「うん」

音楽嫌いなの?

「うん」

そうなんだ、嫌いなんだね、じゃあ何が好きなの?

一瞬質問に戸惑って私をチラッと見る「、、せいかつ」

生活が好きなんだ、でもさっき算数の時に手を挙げていたね、見ていたよ、すごいじゃない

「、、え、、うん」

なんて言っていたところに補助の先生がすみません、、って言いながら来て、その子にまたひたすら「ほら席につきなさい、お母さんを待ってるの?まだ来てないの、先生も心配しているから席につきなさい」の繰り返しだった。

少し話せて良かったのはその子に好きな授業があったこと。会話にならないわけじゃないんだ。

でも先生方は本当に大変そうだったな。6,7歳なんて本当にパワフルだし。

その子達のペースに合わせていては授業は遅れるばかりだろう。

どうにかならないのか、そんな風に思った。

発達に理解のある良い先生ならまだ彼らをうまく導けると思うんだけどな。

まだまだ伸び盛り、今ならまだ間に合うところもあるのになと感じた。

私は娘について悩んだだけに、そういう子供のことを心の底から突き放して見ることができない。

どうにかならないのかと強く思ったし、どうにかしてあげたくてもできない自分が歯がゆいばかりだった。



スポンサーリンク

4 Responses to “小学校参観日、クラスに発達障害と思わしき子が集まっていたことと感じたこと。”

  1. myu7 より:

    はじめまして。みゅうと申します。
    いつも読ませていただいております。

    今回の日記、一つ気になったのでコメントせずにはいられませんでした。ひとつのクラスに集められたと言っても、みながみなグレーゾーンというわけではないでしょうし、あきらかに普通に授業を受けられるお子さんにとっては悪影響ではないでしょうか・・・?その親御さん方々は何も言わないんでしょうか?
    うちの長男も落ち着きなく、いつも心配していて、小学校でトラブルを起こすんじゃないかとひやひやしています。
    そんな中での今日の日記。気になります・・・。

    • キュツ母 より:

      >みゅうさん
      はじめまして。いつもありがとうございます。
      そうですね、グレーの子ばかりじゃないです。立派だと思う子がたくさんいます。皆じゃない。

      私の考え方は普通の方とは違うかもしれないし、極論になるかもしれませんが、書かせていただくと、学校にクレームを入れる人もいると思います。娘もそういう中の子にちょっかいを出されて大変だったりもあるのですが、そんな中でも普通に授業に集中できている子もいます。すごいと思いました。隣で何をやっていてもきちんと授業を受けている子のこと。もし私が教師なら後から個人的にほめにいきます。素晴らしいと思いました。

      その極論とは、排除しようとしても社会は変わらないということです。世界に出れば色んな人がいる。その中に身を置くことはデメリットばかりではないと思います。
      娘には様々な人と知り合い、色んな価値観や個性を肌で感じて、これからの人生に活かして欲しい、そんな風に思っています。
      ただ、その子達は怒られてばかりで辛いだろうとは思いますし、今後を心配もしています。そして伸びる子はぐんと伸びていくと思うし、数年後が楽しみでもあります。

      みゅうさんのひやひやなお気持ちわかりますが、私はこのようなクラスにいられたことで考えさせられたことはメリットだし、一概に悪いとも思いませんでしたよ。
      コメントありがとうございます!

  2. オカメちゃん より:

    少し騒がしいクラスにいるんですね〜。
    キュツちゃん、物凄く頑張っている事と思います。

    普通学級へ入るか、丁寧に見てもらえる学級に入るかは、親が選べますよね。きっと、落ち着きのない子供達の親は物凄く悩まれた事だと思います。
    普通学級を選んで、集団の力を借りたいと思われたのかもしれません。
    ただ、親の思いとは別に集められてしまったのならば、きっと今は悩まれていらっしゃるでしょうね〜。
    もしくは、1人じゃない!と安心感を得たかもしれませんね〜。

    娘が小1の時は、やっぱり同じ様なお子さんと物凄く衝突がすごくあって、毎日毎日娘はそのお子さんと一緒に怒られていましたよ。
    補助の先生は娘には付きませんでしたが(授業を邪魔しないので)授業中に立ち歩いたり、ヤジを入れる子を注意してしまうので、担任の先生によく頬っぺたをつねられていました。(担任が代わってから知りました…f^_^;)

    学校の先生は、発達障害のことに関して詳しい訳ではなく「知っている」程度なんです。
    もちろん補助の先生も…。
    なので、頭ごなしに叱られたり号令から乱れる者には、有無を言わさず見た目だけでも揃えようと頑張ります。
    それが、クラスの運営だと思っていらっしゃるから…。

    もちろん、一人一人に寄り添って指導していこうとやる気満々の先生もいます。
    娘の場合は2・3年の担任の先生は、そんな感じの先生でした。なので、とても安定して楽しい学校生活が送れましたよ(^-^)

    何が言いたいかと言えば、子供たちも色々…と同じ様に先生も色々で、苦情を言った所で何も変わらないんです。

    だからこそ、今をチャンスだと思い(すごく大変だと思いますが)人の事を流せる忍耐力を少しでも伸ばせる様に家で母が頑張るしかないんです。

    母は、小言も言うけど良きカウンセラー役ですよね♪
    話を聞いていると一緒に辛くなる事も多々ありますが、「今回はこんな結果になったけど、次同じ事があった時はどうしたら良いた思う?」としっかり考えて自分の意見を話して貰う…
    コレが一番なのかな〜と。
    今も実践していますよ(^-^)

    自分で上手く対処出来るようになるまで…
    必ず、上手く対処出来るようになるので、キュツちゃんクラスのお友達のお母さん、頑張って欲しいですね!

    キュツ母さんが何かしてあげたいと思うお気持ち、よ〜く分かります。
    そのお子さんの親と挨拶から始めて少しづつお話してみたら良いかもしれませんよ(^-^)/
    私が逆の立場だったら、我が子が騒がしくしているのに、他のお母様方に声を掛けるなんて出来ない!申し訳ない…!と思ってしまうので、声を掛けて貰えると嬉しいかもしれません。

    少しお話する様になったら、きっと「ウチの子が煩くて…」とか「落ち着きがなくて…」とかお話されると思うんですけどね(^-^)
    その言葉が引き出せたら、キュツ母さんの経験やアドバイスをお話されたらそのお母さんは心が救われるかもしれませんよ♪

    オカメの話、聞きます?
    いつも衝突する男の子のお母さんが保育園卒だったので、保護者同士で会話する経験がなかった様で何を話しかけても「すみません、すみません」と目も合わせて貰えず会話が出来ませんでしたf^_^;
    撃沈です…f^_^;

    オープンスクールの日は一日中参観出来るのですが、その子の親は椅子を用意して貰って、一日中付きっ切りでしたよ。
    ため息つきながら、子供にずっと注意していらっしゃいました。
    本当は、誰かに話を聞いて貰って一緒に考えて貰えた方が楽になるのですが…。

    色んな人がいますからね…。
    子供の世界も大人の世界も。

    • キュツ母 より:

      >オカメちゃん
      >有無を言わさず見た目だけでも揃えようと頑張ります。
      ああ、わかります。知っているけれど具体的に導き方はご存知ないし、日々の忙しさのためそこまで手をかけることができなかったり。本当に先生も大変ですが、更にオカメちゃんの↓
      >子供たちも色々…と同じ様に先生も色々で、苦情を言った所で何も変わらないんです。
      そうですよね。いろいろな意見が出てくるでしょうし、担任の先生のキャパにもよりますよね。こればかりは子供たちの力を信じて見守っていければと思います。

      >だからこそ、今をチャンスだと思い(すごく大変だと思いますが)人の事を流せる忍耐力を少しでも伸ばせる様に家で母が頑張るしかないんです。
      私もそのように思います、これが1年生で経験できたことは消して無駄でもなくて、おっしゃるようにむしろチャンスですよね。大変そうだしびっくりもしたけれど、ラッキーだったとも思います。苦労した経験は決して無駄になりません。その後の余裕にもつながるものだと思います。
      娘の良きカウンセラー役母として頑張りたいと思います。

      お母さん、何かきっかけがあれば話ができますが、今のところ接点がなくて。人と関わりたくないといったお気持ちもあったりするとなかなか会話にもなりませんよね、、いろいろなお気持ちがあるのでしょうけれど、頑張っている方には味方もいるのだと、もし話すきっかけがあれば是非話してみたいです。

      これからもきっと色々なことがあると思いますが、ひとりの親として娘とクラスを見守っていけたらと思っています。
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ