1609cuteheader2

子供時代の下品の刷り込みについて。変態母、娘のパンツについて語る。

完全にアウト。

見る人から見たら完全にアウト。

3アウト後もしつこく連投する投手。

アウトだとわかっていても書く。

スポンサーリンク


娘がかわいい。

娘がかわいい。

私は娘のパンツが好きだ。

外出先でいつ漏らされるかわからない恐怖のトイレトレーニング後に手に入れた、布のパンツ。

母にとっては勲章のようなものなんである。

ふわっとしててやわらかくて。あれは幸せのパンツだ。

私はその娘のパンツのことを「ガールパン」と呼んでいる。

あの売り場は幸せの売り場だ。

おむつが取れなかった時には、複雑な思いで横目で通り過ぎた。

いつかうちの娘もあれを穿ける時が来るのだろうか、そんな思いがあった。

いつか大きくなっておむつが必要なくなったら、娘の好きなパンツを選んでやりたい。

そう思っていた。

トイレトレのモチベーションを上げるために、初めて買ったガールパンのサイズは90。

小さな小さなパンツだ。

当時2歳の娘が赤ちゃん本舗で選んだのは、ピンクとオレンジ系のハートの模様のガールパンであった。

懐かしい思い出。

今の私にとってはキラキラした思い出。

洗濯物をたたむお手伝いをお願いする時、ガールパンのたたみ方があって、私はそれを「パンツ玉」と呼んでいるので、娘には「パンツ玉作って!」とお願いしている。

それが我が家の日常。

ガールパンは私にとって、ノスタルジックな思い出に浸れるアイテムだ。

娘だけじゃなくて、自分の子供時代も思い出すんだ。

私の母は下品なことが嫌いな人間であった。

どっちかといったら「堅い」人間性であったので、母が下品だと思ったことは一切口に出せない雰囲気だった。

the日本的というか、愛情表現もドライなタイプだったので、パンツのことや男女の仲なんかはもっての外だった。

テレビにキスシーンなんて出てくれば、そのもの自体がなかったような雰囲気。

ひょうきん族やドラマなんて下品極まりない!の独断で、バッサリ切られて観ることはできなかった。

結構そういう家庭が日本にはある(あった)のではないかな?と思うけど、どうだろう。

下品とは、母が思う下品であって、それに従って私は子供時代を過ごした。

パンツの話に戻ると、パンツのデザインなんて私には選ぶ権利もなかったし、別に私にはこだわりもなんにもなかった。

母が敷いたレールの上を素直に疑問も持たずに刷り込まれて、それが私にとって普通だった。

パンツって言葉を母の前で言うことすら、ためらうような気持ちにさせられた。いつの間にかそうなっていた。

そんななのに、私はいい歳になってどうしてこうなった?

もちろん人前での下品な話は刷り込みの効果かどっちかというと苦手だ。

そういうのを話す人にはなんとも思わないし、笑ったり反応もできるけど、自分から好んで話すタイプではない。そういった意味では堅いところを引き継いだはずだと思う。

けど、私のこの娘のパンツへの愛着たるや、既に娘の間では評判で、いつも「変態」だと思われている。

そのことについて、うんうんうんうん!!!!って思っている。

子供の頃、母と友達の家に行った時のことが忘れられない。

その家庭も2人姉妹の子供がいて、でも家とだいぶ違っていたのは母親のパンツに対してのオープンさだ。

何の会話だったか、かわいいパンツを親子で選びに行くということを言っていた。かわいいいいい!って言いながら一緒に選ぶ、と。

その時の母の気持ちは私にうっすら伝わっていた。母が苦手な話だ。

母のそれに対する反応は薄かった。そうなの、うちはそういうのないわ、みたいな感じだったと思う。

それに対するお友達の母の反応は、え?そうなの?みたいな感じだった。

今ならわかるのだけど、母にも自分の女性性については受け入れがたい何かがあって、純粋な少女のような気持ちがあったまま大人になったのだと。

私はあの時、お母さんとパンツのことでデザインなんかを語って一緒に選ぶ家庭があることに、衝撃を受けたのは間違いない。

今でもその時の景色というか空気を、すごく憶えているから。

そういう理由もあってか、私にとってガールパン売り場は天国のようなものだ。

いつか娘のパンツをたくさん集めてあの優しいふわふわに埋まって昼寝をするのが夢だと言ったら、すごい顔つきで睨まれた

当たり前だ。

完全にアウト。変態母。認める。

これも悪い刷り込みになるのか。

誤解ないように書いておくけど、私のこの執着は娘に関してのみ有効なものだ。

これが全世界向けだったなら、本物のただの変態になってしまう。というか、既に娘にとってはちょっとこの人おかしいよと思われている。

でもパンツのこともオープンに話せる家庭ではあると思う。

そういうものも一緒に選んだりできる母娘ではあると思う。

ちょっと言いにくいような悩みがあっても、私に話せるような家庭になれるかな。

気まずかったら気まずかったで、苦い顔をしてアイコンタクトできるような家庭でありたいな。

そのこと自体をなかったことにしてしまわないような、そんな人間同士でありたいよ。

だから私は娘のパンツが好きなことを隠さないよ。

私が穿けなかったかわいいパンツをたくさん穿いてくれ。自分の好みについて否定するなよ。

今どんな理由でそれが好きで、何を重視して選んでいるのか自分で意識できる人間であれよ。

たかがパンツ、されどパンツ。

それはいつだって私たちを、娘を守っている。

なーんて、かっこいいこと書いてみたけどただの変態。

完全にアウト。

私はアウトが続いても空気を読まず投げ続ける。諦めない。

だってただひたすらかわいいから。娘のお尻とパンツが。

これが愛ってやつだと思う。

(いや、ただの変態だろ?)



スポンサーリンク

8 Responses to “子供時代の下品の刷り込みについて。変態母、娘のパンツについて語る。”

  1. 姫母 より:

    長い夏休みも、楽しそうな記事で安心しました!

    私も娘のお尻が大好きです!
    お尻や腕に噛み付いてしまいます。
    夫からは冷たい目でみられ、「姫、かわいそー」と非難されますが、諦めません。娘はとても嫌がっておりすごい剣幕で怒っていましたが、最近、諦めたのか「やさーしく噛んでね♪」と言うようになりました。そして、嬉しそうにしています。

    ただの変態と言われたらそれまでですが、私はお尻から娘の発達具合を伺い知れた気がして(大げさな)嬉しいのです。抱っこもさせてくれなかったのに、噛ませてくれるようになった娘。自分にとって嬉しくない刺激でも相手にとっては好意であることを理解し受け入れてくれるようになったこと、優しくなら噛まれてもいいかなと自分のことも大切にして提案をすること、いろんな成長に幸せを噛み締めながら風呂上がり洗い立てのお尻をカプリと噛んでいます。

    • キュツ母 より:

      >姫母さん
      娘さんの言葉かわいすぎる!!優しく噛んでねなんて!!ほ、ほれました。
      本当に成長感じますよね、、。というか、良かった私だけじゃなかった!とすごく嬉しい。
      お尻、甘噛みですよね、、私も嫌がられつつたまにやります~(^^)
      食べたくなるくらいかわいいとか、愛しいとか、そんな感情になりますよね。ビバ変態、むしろ私のアウトは愛の証だ、姫母さんもそうですね。愛が伝わります。
      あたたかいコメントにほっこりしました。ありがとうございます!

      • 姫母 より:

        食べたくなるくらい可愛い!まさにその通りなんですよー

        毎日、バタバタで過ぎてますが、キュつ母さんのブログで毎日の小さな幸せが転がっていることに気づかせてもらいました!
        アスペルガーとか、そうでなくても普段の子育てとかもーう大変で、ちゃんと娘との時間を持ってるかとふと不安になりますが、暮らしの中での小さな幸せ、意外にちゃんと過ごしているものですね♪
        私自身、おそらくアスペルガー傾向で解決すべきタスクや1日の反省点にばかり思考がいきがちなんですが、幸せをちゃんと拾っていくのも大切ですよねー

        ちなみに、以前、きゅつ母さんに書いていただいた私の性格、大当たりです!色んなことに気づき、周りの気を受けやすいという(^^;;とても生きづらいのでなんとか変えたいですが、気性はなかなか難しいですね

        • キュツ母 より:

          >姫母さん
          そうですそうです、姫母さんの愛は私にもすごく伝わってきますよ、小さな幸せ、小さな笑い、大事にしていきたいですよね。

          私ね、娘が診断されて、発達障害のことを学んで、自分でもそういう部分あるなあと思って、最近なんかはもう結構開き直ってきたというか。
          自分でも大変な部分をこの人生で自覚できただけでもラッキーであったなあと思っています。
          気がつかないで苦しむよりよっぽどスッキリです。(^^)お気持ちわかります、私も反省ばかり苦手分野は本当にできなくて、でも頑張ってる!って自分を褒めていきましょうね。

          あら、私確かにそう書いた記憶が出てきました、当たっていましたか(^_^)自分の持って生まれた部分なので、良い面も悪い面もあるのですが、疲れやすくなりますね。意識して休憩を入れたり自分を労うことは必要です。(^^)一緒に無理しないでいきましょう!
          コメントありがとうございます!

  2. mako母 より:

    キュツ母さん(^_^)お疲れ様です♪
    パンツ玉、笑いました!あれですよね?両サイド内側に畳んでクルクルって丸めるアレ(違うかな(゚ν゚)?)もしソレだったらウチと同じだー(〃∀〃)今度からパンツ玉って使わせてもらいます~♪
    ちなみに我が家は、ガールパンではなくギャルパン若しくは普通におパンツです★トイトレの時は、お姉さんパンツって言ってたなー…懐かしいです(〃艸〃)

    子供のお尻って可愛いですよね。
    娘がくっついてくると、自然に…気が付くと撫でくりまわしてます♡私もかなりアウトかもw

    • キュツ母 より:

      >mako母さん
      そうです!よく理解してくださった、それです!パンツ玉!(笑)同じです、嬉しい~!!是非是非お使いください。パンツ玉でたまにお手玉してしまう私です。(^^)

      ギャルパン、もしくはおパンツ、なるほど、ご家庭 により様々ありますね。お姉ちゃんパンツ、そう読んでいた時より本当にお姉さんになりましたよね。
      感動、、。そして撫でくりまわす、ニヤニヤがとまりません。私もですわ、やっぱりアウトは愛ですね。(^^)
      楽しいコメントありがとうございます!

  3. ミミ より:

    下系のネタのオープン度の違い、家庭によって違いますよね~うちはオープンだったので、けっこうひどい言葉が横行してました(笑)「○○ってなに?」って弟が聞いたら、母が適当にずらして笑って答えてたなぁ。ちなみに言葉自体はアウトな言葉でした。パンツか~…今トイトレしようと思ってるんですけど、暑かったから水分こまめにあげちゃって、すると車内でも出先でも漏らすんですよね…水分あげてから何分後が娘の希望の時間なのか控えておかないといけないのかも。あとお気に入りのパンツなら濡らしたくなくてトイレに行くかもと言われたので、夫がプリキュアのパンツを今買いに行っています。私は一人でマグロ丼食べてます!子供の前で食べれないご飯食べてやったぜー!!おめでとうって言って下さい(*≧∀≦*)

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      まずは、、、、おめでとうございます!!!!!
      やってやった感がすごくて思わず!!!!!ってなってしまいました。まぐろ丼、、もっと自由に食べたいですよね。頑張っていらっしゃいますね。(^^)

      お母様ずらして答えていたなんて、なんか微笑ましくて笑ってしまいます。笑本当にご家庭それぞれですよね。

      トイレトレ!夏は薄着ですから失敗しても洗濯物が少なくて済むのと寒くないのが良いのですけど、水分補給もしなきゃですし、ミミさんは大変ですよね。
      プリキュアのパンツを買っている旦那様を想像してごめんなさいちょっと笑ってしまった。すみません!!!!
      娘さん喜ぶでしょうね。膀胱機能は人それぞれ違いますので、どうか焦らずに、、でも失敗されるとうあああああってなりますよね。まぐろがきっとミミさんを応援してくれます!ちょっと元気がチャージされて良かったです。
      コメントありがとうございます!!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ