1609cuteheader2

子育てだって失敗から学んで良いはずだ。

初めから成功する子育てなんて。

もしあるのなら、羨ましい話だし、単純にすごい。

野球だってそうだろ。プロですら、「相手がいれば」良くて3割4割しか打てないんだよ。

子育てで最初から10割なんて絶対ない。

自分一人ならあり得るかもしれない。でもそれは子育てとは言わない。

子育ては、自分以外に命をかけて向き合わなければならない相手がいる。

その相手がいることが前提で、ルールもわからず、目を離すと死んでしまう、気に入らないと泣き叫ぶ、その相手の投げるどんな球も24時間自分自身がどんな時でも必ず打てと言われるのが、我々母か。

そんな無茶苦茶なことあるかよ。

故意の大間違いを避け、一生懸命もがいて努力しているならば、失敗してもいいじゃないか

最初から完璧なんて育児の天才だけなんだし。

ただ、反省しなかったり、ピッチャーも自分と同じ人間なんだとわからないと駄目だよ。

打てなかった球をどうやって打てるようになるか、その努力の気持ちを忘れたらいけないけれど。

いつもどこかで、自分がその小さなピッチャーにとって、最高のバッターであろうとすることだ。

子供を産むなら、どんな子供でも親は10割打って当たり前だろ、それ以外は失格だ、みたいな風潮おかしいわ。

一緒に成長していこうとする気持ち、向き合う努力、それがあれば良いはずだ。

そういう言葉に傷つく必要なんて全くない。



スポンサーリンク

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ