1609cuteheader2

夏に作っていたもの【私的哲学】

今年の春から夏はとても忙しかった。

こちらじゃない方面が。

それで秋以降もそちらでというお話が密かに2件あったのだけど、9月はもう自分の心が今はそちらじゃないのだと直観したので、期待させ傷を負わせてしまったけど、こちらであのようにラーメンを作って頑張った。

今はこちらで良いのだと思っているけど、その断った方々が気がかりだ。
お願いだから闇に飲まれないで欲しいと、祈って見守っているしかない。

スポンサーリンク


夏に小さな立体を作っていた。

DSC_1481

この立体は私の心のようなもので、色々暗喩してある。

私の芸はいつもそうだ。無意識の表現。それが好きでやってきた。

これが、日が当たると影がすごく綺麗だと思う。埃をかぶったところも自然で良いと思ってる。

DSC_1482

どこから見るかで、イメージが変わる。人間もそう。日陰で見たらこの影の綺麗さには気がつかない。

DSC_1483a

破壊したくなる気持ちのある人は芸術にいかすべき。
無心で打ち込むと、知らない自分が見えてきてスッキリするよ。



スポンサーリンク

2 Responses to “夏に作っていたもの【私的哲学】”

  1. ミミ より:

    めちゃくちゃいろんなことが見つかる作品ですね!暖色が多くて、ポジティブな気を発してるような、けど線に覆われてる部分もあるんですね。あと光が当たってもキレイだし、埃をかぶるのもまた自然でアリというのが、認められていていいなと思いました。昔は私はえんぴつで人や自然を描いたりもしたけど、今は子供にえんぴつ奪われるし出来たとしても破かれたり床に撒かれて足で踏まれるから出来ません(笑)今になっていろんなぜいたくな時間の使い方してたなと思います!
    断られた方…というか、キュツママさんの導きに出会わなかった人も含め、もしうまくいかない星を持っていても、人との縁や、そういった後天的な変化でいい方にいくといいですね。私は後天的な事に恵まれていて、星を教えてもらってようやくあともう少しというところが補われた気がします。そのあともう少しが、私には重要だったんですが。これからは自力や変化をきっかけにいい方向にいきたいです(^ー^)

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      美しい人、嬉しいコメントありがとうございます!バリって最初に折った時に勢い余って流血しましたが、なかなか面白いのができたなと思ってます。

      >今は子供にえんぴつ奪われるし出来たとしても破かれたり床に撒かれて足で踏まれるから出来ません(笑)今になっていろんなぜいたくな時間の使い方してたなと思います!

      えんぴついいですね!あれだけの濃淡で描くのも本当に素敵。でもその時間すらない、思うようにできない、わかるわー!!ぜいたくだったと感じるのは今とても頑張っている証拠ですね。またお子さん達が園や学校に行かれている時間に以前よりもっと素晴らしいものを描かれるのだと思います。

      >私は後天的な事に恵まれていて、星を教えてもらってようやくあともう少しというところが補われた気がします。そのあともう少しが、私には重要だったんですが。これからは自力や変化をきっかけにいい方向にいきたいです(^ー^)

      うん、素晴らしい!ミミさん、大丈夫。もうここまできましたね。すごいですよ。芯が軸がしっかりされてきたのを感じます。色んなことがあるけれど、無駄じゃない、考えて学んでいけば良いのですもの。でも本当にすごい、嬉しいなあ。

      私も見守るしかできなくても、その方々の力を信じなきゃなと思います。もちろんミミさんのことも見守っていますよ!
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ