1609cuteheader2

親子の距離感

私はこの歳になって、自分が色々相反した面を持ち合わせていて、相当面倒くさい人物とわかったので、娘のことはとやかく言えないなあと思っているのだけど、やっぱりうるさく言ってしまう日もある。

でも、かわいいものはかわいいので、私の機嫌が良い時は、相当おかしな母である自信がある。

それは、機嫌の良い時限定である。

限定という言葉に人は弱い。

そう、「今だけ!」っていうのが、何かの意欲に繋がるのだ。

今だけ!限定価格!
今だけ!特別価格!
今だけ!限定カラー!
今だけ!超ミニスカート!
今だけ!ロングヘアー!

なんだかおかしな方向に向かっているので、ここでやめなければ。

森高さんはあれから全然オバサンにならないのに、私ときたら、、という暗黙の鬱が急に襲ってくるではないか。

限定はまたすぐやってくる。

限定で買いだめしたのに、終わった瞬間、新たな限定に心惹かれているのだ。

買いだめしたのに、今の限定もまた買いだめしたくなるのだ。

私の娘への限定もすぐ終わり、またすぐやってくる。

それって限定なのか?
全然限定じゃなくね?
まじうぜーんだけど。

どこでそんな言葉を覚えてきたの!?そんな子はウチの子じゃありませんっっ!

と言いたいのだけど、そんなかわいい幼い顔でそんな言葉をつかわれちゃったら、それはそれで堪らん!と思って、チューの助走に入ってしまい、思いっきり叩かれるのだ。

いつからママをそんな風に叩くようになっちゃったの!?そんな子はウチの子じゃありませんっっっ!!

と言いながら、吸い寄せられて、ねえー怒ってるのー?ねえ、ねえー、ねえー!ねーえーー!!と顔を擦り寄せてやってしまって、更に「もう来ないでよー!いい加減にして!」などと本気でウザがられてしまうのだ。

当たり前だ。

その拒否がまたかわいいと思うのだから、相当おかしい。

機嫌が良い時の限定とは、すごい威力だと我ながら思う。

例えば娘に「見て!」と指をさされたら、必ず娘の顔に3センチくらいまで近づいて目を覗き込む。

「こっちじゃないよ!あっち!!」と無理やり顔をむこうに向けてくれるのがかわいい。

私はいつだって、見て!って言ってくるあなたが好きなんだよ!あっちよりこっちが好きだから、そんなに怒らないでよと思う。

だいたい物を持ってきて「見て!」って言ってくる場合は、私の顔に近付け過ぎるんだよ!そんなに目の前に持ってきたら、なんにも見えないじゃないか!それがなんなのかわかるには多少の距離ってもんが必要なんだよ!そんな目の前3センチで見せられてもなんだかわからないじゃないか!!

って、あれ?私の覗き込みと同じじゃないか?

しかし、ものというのは、至近距離で見た時と、遠くから見た時と、程良い距離で見た時と、見え方は全然異なるものだ。

かわいいものはどこから見てもかわいいのだ。

じゃあ、自分にとってそこまでかわいくないものはどのあたりから見たら、かわいくなるだろうか。かわいいなと思えるだろうか。

やっぱりその対象によって、その時によって、良い距離悪い距離っていうのはあるよなあと思う。

自分がノロにかかって気持ちが悪い時に、目の前にホルモン焼きを持ってこられても、いくら好きでも食べられないし、好きだったのに嫌いになることだって考えられるのだ。

普段なら、全然食べないお粥だって、具合が悪い時は涙が出るほどおいしかったりする。

その時その時の距離というのは、大事なことだよなあと改めて思う。

私が娘にそれができるのかは別として。

そこは別にしないでよ!っていう、強烈なハリセンがとんでくることは間違いない。
今から防具を装備しておこう。



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ