1609cuteheader2

幼稚園 初めてのお遊戯会は感動の嵐だった。

今さらになるが、幼稚園年少二学期の話になる。お遊戯会というのか、そういう催しがあった。

舞台に立って、子供達が簡単な劇や歌を歌う。

うっすらと何をするのかは娘から聞いて知っていたが、全体像は全くつかめず、当日はドキドキした。

娘が舞台に出てきた時はそれはそれは感動した。

皆おそらく我が子しか目に入らない瞬間。

幕が上がって、クラス皆お利口に皆座っているのを見て、すごい!って思った。

始まってしばらくして、座りながらも客席に大きく手を振りだす娘!

ちょっと微笑ましいけど、私はハラハラした。何か和を乱したらどうしようかと。

ゆっくりゆっくり3往復ぐらい手を振っている娘。

スポンサーリンク


なんか一人でなにやってんの!オンステージになっているみたい!とハラハラしつつも笑いをこらえた。

歌が始まってからは手をおさめて、張り切って歌う姿。ちょっと安心した。

真剣にオーバーリアクションで歌う娘に感動と笑いが止まらない。

舞台前に出てきた時は、私を見つけて、笑顔で「あ、ママ!」ちょっと照れくさそうに、私にまた手を振る娘。

焦る私!手をおろしてほしい恥ずかしい気持ちと、かわいい気持ちと半々くらい。

ちょっと歌の入りを間違えそうになり、間違えちゃったとばかりに笑いながら口に手を押さえるあたり、中学生のキャピキャピ女子みたいだと思ったり。

背は大きいんだけど、中身はまだまだ年少さんなんだな、と思う気持ちと、確実に成長したな、楽しんでいるんだなって伝わったお遊戯会だった。

ビデオを構えながら、肉眼で見ていたが、後からビデオってやっぱりありがたいと思った。

キラキラした娘の表情が後から見てもよみがえるから。

色々な子がいた。泣き出してしまう子。先生に止められても何回も舞台に飛び出して行く子。舞台で少しお友達と揉めたり。幕から出てきて、「ママ!」と言う子。

皆皆頑張っていた。その姿にとても笑顔をもらったし、本当に感動した。

お遊戯会が終わると、泣き笑いになっていた自分がいた。皆かわいくて。

うちの娘も入園前はあんなにママママ!だったのに、舞台の上でニコニコ笑顔でいられるくらい成長したんだと実感した。

あの時、私を見つけて嬉しそうに手を振ってきたのが今でも忘れられない。

来年はもっと劇に集中してできるかな、自分の娘はもちろん、同じ学年の子供達がどれだけ成長していくかも楽しみで仕方ない。



スポンサーリンク

6 Responses to “幼稚園 初めてのお遊戯会は感動の嵐だった。”

  1. みき より:

    こんにちは!

    娘さんの、お遊戯会での感動されたお話こちらまで嬉しくなりました。

    なんだかんだ言っても少しずつ成長していくものなんですね。

    うちの4月から年少の娘ははたしてどんな幼稚園生活になることやら…。
    思い通りにならなくて家で荒れるのではないかと予想してます。

    家族の前ではワガママの限りを尽くしてますが、他人が関わるとモジモジして自己主張も全く出来なくなるのです。

    それがどう出るか未知です。

    でも少しずつ成長してくれると信じたい。

    以前のお話の内容になってしまいますが、子育てってほんとに自己嫌悪との戦いですね。

    実家の母には子どもには、負けてあげるしかないって言われてますが、1、2日で限界が来ます。

    ほんとに、朝から娘に怒ってばっかり。穏やかな子育てしたいものです。理想でしかないですが。

    何とか今年も子育て踏ん張って乗り切りましょう!

    また、辛くなったらコメントさせて頂くかもしれません。

    • キュツ母 より:

      >みきさん
      入園前は私も娘も不安で仕方なかったので、今のみきさんのお気持ちがすごくわかります。
      幼稚園に入ってみないとわからないことはたくさんあると思うけど、二学期過ぎてくると皆お友達もだんだんと落ち着いてきて、色んな子がいるけど、それぞれ皆きっと入園前よりはたくましく成長しているんだろうな、という印象です。うちの娘も本当に成長したなと思います。
      みきさんの娘さんもきっと成長してくれると思います。
      自己嫌悪、本当になかなか厄介ですよね。私もしょっちゅうでなかなか理想の母像には難しく。
      こうして励ましていただいて有難いです。
      みきさん一緒に踏ん張っていきましょうね。
      コメントありがとうございます!

  2. ミミ より:

    今10ヶ月検診の待ち時間なんですが、うるっとしてしまいました…
    先生達やキュツママさんが日々頑張ってる成果は、ちゃんと出るんですね…!
    って人の子には思える_(^^;)ゞ
    こっちは娘が2、3歩歩くようになりました。
    かわいいです(;´д`)いつまで、こんなにかわいいんでしょう…!
    でも今でも憎くさえ思える日もあるし…
    なんなんでしょうね…
    なんとか頑張ります!!

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      検診お疲れ様です。10ヶ月で歩けるなんてすごい!かわいいだろうなあ。よちよち歩きが懐かしいです。
      大丈夫、ずっとかわいいですよ。憎い、けど、やっぱりかわいいの連続ですね。
      イヤイヤ期がどんだけあっても、ものすごく嫌になってもやっぱり娘のことかわいいと思える今があります。なんかお遊戯会とかあらたまると自分もジーンときてしまいました。
      気持ちを再確認というか。大変だけど、やっぱり娘のこと大好きだなって。
      ミミさんが頑張っていること、私も励みになります。
      コメントありがとうございます!

  3. あろま より:

    こんばんは(^-^)/
    初めてのお遊戯会、私も娘の成長に感動しました。
    練習すごく頑張って、歌も踊りも楽しそうですと先生から聞いていて、私もほんとに楽しみにしていました。ところが前日から風邪をひき、でもがんばると言う娘。朝も微熱、咳、鼻水。笑顔で出来るんだろうか、辛いんじゃないか、心配しつつ…幕が上がって幼稚園の歌。背が小さいからか前の方の列で、明るい表情で歌う娘の姿に最初から感動した^ ^ その後も踊り、簡単な劇と、時々先生に鼻水を拭かれながらも無事に終了。楽しかったーと言う娘に、踊り可愛かった歌も上手だったね劇もよかったねと褒めまくり(笑)お母さんも楽しかったよと伝えました。
    先週、娘は4歳の誕生日を迎えました。前より少しずつ、いろんなことを頑張れるようになってきたかな。
    まだまだワガママ、気分屋、甘え、弟に優しくできなかったり、多々あるけれどー。
    秋のお遊戯会の感動をこうして振り返れてよかったです(^ー^)ノ

    • キュツ母 より:

      >あろまさん
      娘さん4歳になられたんですね!おめでとうございます!
      お遊戯会の時も体調が悪くても行きたいと言って頑張ったなんて、本当に偉いです。そのエピソードで普段娘さんが幼稚園に楽しく通えている姿が想像できます。
      お遊戯会って本当に感動しますね。簡単な劇でも皆頑張っていて。娘さんもあろまさんに褒められて嬉しかっただろうし、自信につながったと思います。成長した!と実感できる催しですよね。
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ