おかしな持病※ラストに追記あり

娘に何か、これってなあに?とか、この言葉どういう意味?って聞かれた時に、なんでもすらすら答えが出てくる人はすごいなあと思う。

私は自分で書いた文章ですら、これ、この意味であっているの?と不安になって、後から調べて間違えたりしているので、(間違えとるんかい)スマホの検索機能には本当に助けられている。

それはまだ、間違えている?と不安になれるだけマシで、大概は自分で気が付かないだけで、放置されており、実際放置されたままになっており、そこをたまたまたまたまた通り過ぎた(え?)、いやトーリ過ぎた人だけが(変換!)、ああ、こいつ間違いに気付いてないし、この字使う?あちゃー、大口叩いておいて結構なおばかさんだなあ、などと優しく思ってくださることがほとんどであります。(だいぶ理想入ってるだろ)

それで、全然知らないし何もわかっていない割には、どうも難しい言葉とか漢字とかことわざを使いたがってしまうという厄介な性質を、持病として標準装備しており、やめたくても俺生まれつきなんでごめんなピカチュウ(サトシはそんなやつじゃないだろ、いつからなりきってたんだよ)みたいになってしまうところまでが持病なんである。、ひどいとしか言いようがない。

はい!
ここまでの短い文を書くのに、私がすらすら書いたと思いますか?
ファイナル暗殺!!
爆笑!勝手に変換されて押してもうた!しばらく声出して笑って、娘に怪しい顔で睨まれた。なによー!?だって。なんでもないよ。誤変換って最高に好きだなあ。

もとい、私がここまでスラスラ書いたと思いますか?
おい待て、もう今ので超ヒントあげちまっただろ、しかも答える前にファイナルアンサー!っておかしくない?
お前実は番組観たことないだろ!!
ピンポーン!(^^)!皆が言っているのをマネしてみただけー!
ファイナルアンサー!?(だからいきなりファイナルておかしいやろ)

ことわざと慣用句って何が違うの?とか、ピカチュウって、ピカチューーーって伸ばすの?とこんな風に(^з^)を唇を尖らせてみたり、サトシってカタカナ?と確認してみたら、サトシに決まる前はレッドとジャックという名前候補があったらしいよ?という娘の長いポケモンウンチクを聞かされるという、様々なアスレチックをこなしながら、やっとやっと、ここまでたどり着いて書いたのである。

そしてそのたった今も、アスレチックのイメージは頭に出てくるのに、言葉が思い浮かばず、娘に、あれ、あれ、あれ!木の、、木でできていて網がついて登ったりシューンってやったりする、あれなんだっけ?って、空中をオーバーなアクションで指揮して見せたところなんである。

すなわち、書けば書くほど前途多難。(意味わかってんのか、持病に薬はないのか?)

ここまでだけでも、相当な苦労?をしている。
葬式も大変だが、総指揮をとるというのは本当に大変だ。

ここまで来ると自分が最初に何を言いたかったのかわからなくなってくる。

文字の中で迷子になる。

あれこれ調べて、ピカチュウに謝ったりしているうちに、あれ、ここどこ?私誰?何をしていたんだっけ?と異空間に迷い込んでしまう。相当な方向音痴だ。自信がある。

現実でもそうだ。店を出たらいきなり逆方向に帰ろうとしてしまって驚かれてしまう。
たまに知らない場所に無事につけたら奇跡だと思ってしまう。
奇跡具合はサービスでだいぶお安くしてあります、今なら無料です。

ほら、また始まった。
迷子なのに、更に新しい迷子に突入し始めたので、もう何度か道を曲がりに曲がってしまったために、もとの道がどこだったか、まっったくわからなくなってしまった。

これは本気の迷子だ。
本気と書いてマジと読む。

あちらでは私の姿は完全に見えなくなり、行方不明者として捜索依頼を出されているに違いないのだ。

難しい言葉を使いたがって間違える上に、文字(言葉)の中で迷子になる、どうやらこれも、私の性質という持病のひとつで、友達に指摘されてわかった。

でも、安心してくださいよ。
持病はあっても、必ずいつかはもとの場所には戻るというナビが搭載されていますから。
搭載されても作動しない場合はありますが、そうなったら、とても優しいワンワンさんが「おじょうちゃんはどこから来たの?」って、泣いている私にやさーしく聞いてくれることになっているんです。

それは「犬のおまわりさん」やろ!!お前はこねこちゃんか!!年齢詐称!さてはマット化でごまかしたな!?若作りアプリ使っただろ!とんでもない老狂猫だ!!強制連行してお注射します!!

一応、魚は海の中にいますし、私は陸で生活してはいますから、迷子になってもいつかは戻れると思うのです。
(最後の一言で終わる話だったような)

それで、この間違いだらけの私は変わりそうにないから、やっぱり検索って便利だなあと思うのだけど、例えば私は、難しいかっこいい言葉をつまらなく配列された演説ってぜーんぜん頭に入ってこないから、ほとんど右から左なんですよ。

だいたい総理大臣って、あの作文自分で書いてるの?あれ、自分から出た言葉なの?ただ朗読してない?って思ったりして。

Google検索に、ああいう難しい会議とか、国会にいる方々の言葉を、私みたいな庶民にもわかりやすいように、くだけた文体に直して教えてくれる検索変換機能とかあればいいなと思ったのです。

コロナ、やっぱかなりむずいウイルスで、結構ヤバイんだけど、なるべく協力して頑張ってみるからよろしくな、みたいな。
でも、実はどうやって頑張っていいのかはホントは俺はわかってはなくて、どうやって総指揮したらいいかわからないし、今もただあちこちからの情報に翻弄されながら、これを読んでいるだけなんで、あんまり質問されてもボロが出ちゃうから、くわしい質問は全部秘書にしてくれない?とか。

かなりやばいけど、安心安全って言っていればとりあえずはおさまると思うから、パフォーマンスが大事だから。歯向かう人は強制連行しておけば問題ないからー、みたいな。

いや、あくまで妄想ですよ。こんな機能があったら、私にもわかりやすいし、逆を言えば、この私のふざけた文章もコピペして検索したら、超難しい言葉を使って、どこぞの会議とか国会に出してもおかしくない文章に変換できるという、これぞミラクルな検索変換機能なんです。

良くない?めちゃくちゃ良いなと思ったんだけど。

もしくは私みたいな持病ありの人が演説するとして、テロップはかっこいい文章に変換されたものが流れる、、みたいなの。
めちゃくちゃ良くない?

どんな人でも、どんな言葉でも、どんなに間違えちゃってても、めっちゃかっこよく喋っているようにできる機能なんだよ!!

そんなの、見ている方には絶対違和感あるよって?

、、、だよね。
私は昔からずーっと違和感があるんだよ。
なんでだろうね?

、、、

※そしてここまできてあなたは、激しくギターをかき鳴らす音が聴こえていましたか?

そうですか、、良かった、良かった。

そうです、いつの間にかテツandトモさんが乱入してきていたのです。

それでは、問題です!
いつからここに来ていらっしゃったのでしょうか?

ファイナルアンサー?!