1609cuteheader2

1、2歳代の娘の服装の拘りのその後。帽子を被らない、膝が出ないと嫌、ピンクばかり着る、晴れた日も長靴、等。

娘のイヤイヤ期くらいから、そう、1歳後半から2歳代には服装でも苦労していた。

1歳、2歳。
娘の拘りなのかなんなのか、嫌がったこと。

  • 帽子を被らない
  • 5月くらいから半ズボンでないと嫌
  • ピンクばかり着たがる→全身ピンク
  • 晴れた日も長靴を履きたがる

先に結論を書くと、反抗期がおさまってきたと感じた、3歳半くらいからは、すごい拘りからのかんしゃくも減り、言えばわかるようになってきた。

スポンサーリンク


一つずつ解説すると、

・帽子を被らない
これには参った。
初夏だろうが、真夏だろうが、被せて2秒で、むんずと掴み取られ、何度被せても、被ってくれない。

もちろん演技派女優になったつもりで、「すごく似合うよ!素敵!かわいい!」とか、ものすごく褒めてみても駄目、とにかく帽子を選ばせて買ってみたり、色んなことを試したが、、本当に被ってくれなくて、困っていたな。
いつか被るかもと持ち歩く羽目になるのだが、結局荷物になるだけだった。

日射病には幸いならなかったが、なんでこんなに拘りがあるのか、他の子は素直に被れているのに、って思いがすごくあった。

もうすぐ4歳の今はというと、、店で見つけたお気に入りのキャップを、曇りの必要のない時までファッションとしてオシャレとして被るようになった。

皆と同じ服装が求められる幼稚園ではどうかというと、私がいなくても、きちんと同じ帽子、格好ができているようなので安心した。

普段は親が勝手に選んで買っても、好みでないとあまり着てくれないので、3歳半くらいからは基本的には一緒に行って、娘に選ばせる。これ!っていうのが見つかれば、他に買っても良いよ、と言っても、これだけで良いと言う。とにかく好みはハッキリしている。

私好みの服を着せられたのは1歳代までだったな、、。娘に好みな服があるのは良いことだと思っているけど、ちょっとさみしい時もあります。

・膝が出ないと嫌
これは、2歳に発動しました。暑いのかなんなのか、5月くらいから、とにかく長ズボンや、七分丈のスパッツを嫌がり、イヤイヤ~!となり、それは壮絶な拒否だったので、もれなくその夏は、半ズボンになりました。
まだ歩くのも走るのも幼児くさくておぼつかないのに、膝を丸出しでガードできなくなりました。
膝当て?も考えましたが、娘のイヤイヤの度合いを見てやめました。

もうすぐ4歳の今では、もう暑い日も出てきたので、去年買った半ズボンを出して見せたら、膝がガードされないから嫌だと言われました、、。
膝が出ても着たいのはフリル系のスカートやキュロットみたいです。
去年買った半ズボン、真夏には暑くて穿いてくれるかな、、、。今は七分丈スパッツも穿きます。

今も昔も、やわらかい伸縮性の効いた生地のパンツが好きです。ストレッチが効いていても、固めの生地のものはあまり好きではないみたい。
ユニクロベビーのデニム風のやわらか長ズボンには大変助けられました。足の曲げ伸ばしがしやすく、ストレスがないみたい。トイレトレで自分で脱ぎ穿きする時も、ウエストゴムで、やわらかい生地の方がかんしゃくが少なかったです。


・ピンクばかり着る

これも2歳くらいから、やたらピンクピンク言い始め、上下ピンクのパー子さん状態なんてザラでした。
私はこのセンス、、どうなの、、?と思いながら、違う方がいいんじゃない?と言っても聞く耳もたないし、イヤイヤ期で只でさえ大変なので、服くらいはまあいいか、と、好きにさせていました。このピンク色への拘りはいつか終わるのか?と疑問に思いながら、、。

もうすぐ4歳になる今は、ピンク好きは好きだけど、以前の全身ピンクのようなすごい拘りはなくなりました。むしろ、形を変えて、カラフルなものに惹かれています。
気がつくと、ものすごく派手なコーディネートです。
あなたは虹か?ってくらい、カラフルなものが大好き。その中に、ピンクが含まれていますが、水色、黄色、薄紫、、色んな色に身を包むようになりました。

これもまたカラフルを極める内に好みが変わっていくのかもしれないし、変わらないかもしれないし、まあ、成長を引き続き見守りたいと思います。

・晴れた日も長靴
これは1歳後半くらいからかな、、長靴大好きになり、誰も雨具なんて用意しないような日も、長靴を履いて出かけましたね。
今日は晴れているから長靴はやめたら?って言っても、イヤイヤなり、まあちょっとおかしいけど、別にいっかと、気が済むまで履かせました。
見えないところに隠しても、娘にはハッキリ記憶があるので、長靴履くと譲らなかったです。

このブームもそんなに長くなかったな、、半年あるかないかくらい?、別にお気に入りのサンダルが手に入るとそちらに移行しました。

もうすぐ4歳の今でも、たまに晴れていても履きたがる時がありますが、言えばわかるようになりました。
3歳過ぎからは雨雪以外ではほとんど履いていないように思います。

公園などで、2歳くらいの子が晴れた日に長靴を履いて遊んでいるのを見ると、懐かしい感情と長靴好きだよねえ、、って、微笑ましく思って見ています。

ゴムの艶とスニーカーにはない透明感、色、感触、自分でスポッと履けること、、そんな感じが幼児にはたまらないのかな?なんて想像します。
長靴しか履かない時期を温かく見守っても大丈夫かと思います。

こう考えると、拘りにイライラしたり悩んでいた時もあったけど、娘も成長したんだなあ、、そしてこれからもたくさん成長して色んな気付きをくれるんだなあと思えます。



スポンサーリンク

2 Responses to “1、2歳代の娘の服装の拘りのその後。帽子を被らない、膝が出ないと嫌、ピンクばかり着る、晴れた日も長靴、等。”

  1. ねね より:

    わかります!

    うちもスタイ、帽子、靴下、靴を猛烈に嫌がり外出先でもあちこちへポイポイ。「落ちてますよ!」と色んな人が追いかけてくれました笑懐かしいです。

    うちは着る物の好みはあまりありませんでしたが、脱ぎ癖がいまだにあります。全裸で飲食店やショッピングモールを走り回ったこともあります(ー ー;)真冬でも気分が乗ってくると、肌着一丁で公園を駆けずり回っているので、注目の的です笑。「山へ帰れ!」と言いたくなります。

    女の子は小さくてもちゃんとら女の子のなんですよね。拘りが強い子のママは髪型に服装に諸々の支度にと毎朝戦いなんだろうなぁと思います。下の子が女の子なので今から覚悟しておきます!

    • キュツ母 より:

      >ねねさん
      すみません、「山へ帰れ!」で笑ってしまいました、うふふ、男女は違えど似ている部分がありますね。
      靴下と靴、うちもそうでした。靴下に関しては今も裸足が好きみたいです。幼稚園ではなんとか頑張って履いています。
      下のお子さんは女の子なんですね!本当に女の子の中でもうちの娘は拘りがあるタイプで、本当におませです。ねねさんの娘さんの成長も楽しみですね!
      今日もお疲れ様です。
      コメント嬉しく思います。ありがとうございます。

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ