1609cuteheader2

1歳代の言い間違いはかわいかったな、、。【育児 笑った話】

娘の1歳代の頃の言い間違いを思い出す。

約100センチの今もまだ遠くから見ると小さいなって思うけど、昔に比べたらやっぱり大きくなった。

1歳、、かわいかったな、、大変だったけどかわいかったな、小さかったな。

抱っこのことを「だっき」って言っていたっけ。
だっき、だっき言われて、私は肩こりもひどいし、腰痛もひどいし、、だったな、、。しかも、梅雨~夏の暑さで抱っこするのは汗だくで暑くて暑くて、。
うんざりしたことは何度もあった。でも、だっき、って私に寄って来ていたことが、今はかわいかったんだなって心から思える。
今も娘は抱っこ大好きだ。

すごいのことを「ごいー」って言っていたなあ。
初めて奮発してマザーガーデンのキッチンセットを買って部屋に置いた時は、ごいー!ごいー!と目を輝かせて連発していたな。
かわいい時代だったな。

牛乳のことを「にゅーにゅー」って言ってたっけ。
本当に牛乳が大好きだったな。にゅーにゅー、にゅーにゅーと言われて、結構たくさん飲ませていたら、1歳半健診の時、保健婦さんに飲ませ過ぎです、、と優しく注意されたっけ。今でも牛乳が大好きだ。飲ませ過ぎには注意しながら、はい、にゅーにゅーね、と、ふざけて言う時もある。

大切な、大切な、大変だった頃の、もう二度とない思い出。
今も、毎日がそうなっていく。

余裕がある時もない時も、二度とこない日々がやがてこんな風に懐かしく思い出したりするんだよね。
成長って面白いね、そして切なくて、嬉しくて、愛しいね。

まとめ方が、、、篠原涼子さんが歌っていた「恋しさと せつなさと 心強さと」みたいになって失敬。



スポンサーリンク

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ