1609cuteheader2

雪道と子供と親の気持ち。自転車は絶対乗らないで!危険!路面凍結にも注意!

雪。

最大の寒波がやってきている。

少し前うちの地域にも雪が降った。

雪道と子供と親の気持ち

雪。

犬は喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなるのは本当なのか?

子供に至っては、雪にテンションが上がりまくる。犬の感性と近いのかもしれないと思う。

幼稚園までのいつもの道のりが遠い!!

というか、、時間がものすごくかかる!!!

だって、雪にテンション上がりまっくった園児はもうあちこち触りたくて、踏みたくて、ウズウズしてしまう。

例えば、徒歩10分の道のりなら、軽く30分はかかるというか。

まあ、雪道というのは、大人でも普段歩きなれない人にとってはサクサク歩けない。

常に変な筋肉を使うというか。雪って体力を奪うのだ。加齢からかもしれないが、そんなことを思うのだ。

この間、通勤のお姉さんが10cm位のヒールを履いて今年初の雪道を行っているのを見て驚愕した。チャレンジャーすぎる!気をつけて、、、!って思った。

スポンサーリンク


園児に話を戻せば、雪の日は観念する。

私の住んでいる場所ではそんなに何度も何度もあることではないので、そんな日に急かしたくないし、どうせなら一緒に楽しんでしまいたいと思うのだ。

人間というのは不思議なもので、雪の日に電車が止まったり、混んだりしても、きーーー何止まってんだよ!!!とか思わない。

ああ、雪だからねーーー。混むのは嫌だけど仕方ないか、くらい思うのである。電車には乗っていないけど、心理の話ね。

雪ってのは、雨と感覚が違う。なんか白いからか。辺りを白く変えてしまうからか。

大人のひどく汚れちまった心もホワイトに染めてくれたらいいのに、とまでは言いすぎか。

毎日のように雪が当たり前な地域とは感じ方が違うのだとは思う。

雪道の子供乗せ自転車は危険!絶対やめて

話が脱線しまくるが、雪道の子供乗せ自転車は絶対にやめていただきたい。

もう、とにかく危ない。事故になります。子供乗せていなくても自転車は危ない。

雪が次の日止んでいても、道路に雪がないように見えても、路面凍結している場合があります。

雪かきされているから大丈夫と思ったら、路面凍結で自転車でスリップ!子供と共に転倒!想像するだけでも怖いです。

日陰なんていつまでも道路が凍ったところがあります

だいぶ前の話ですが、私の友人は日陰の凍結に気付かず、自転車ごといきなりスリップして倒れ、子供は頭を打ち自身も打ち身でしばらく痛かったそうです。

これを聞いたときはヒヤ!っとした。雪がなくなっていると思っても、こういうことがあるから、本当に注意しなくてはならないと思いました。

幸い大事にならなくて済みましたが、もし、子供のヘルメットがなく、ベルトをしていなくて、突然の自転車の転倒で子供が投げ出された場合。

電柱やガードレールへぶつかったり、車道に投げ出され車にひかれる、などありえる事態。

子供乗せ自転車は本当に便利だけど、雪が降った時、降った後は自転車には乗らない!

時間が経って乗る時も上記を踏まえて、細心の注意をしながら乗っていただきたいと思います。

雪は楽しい!だけど、危険もいっぱいだから、親も気を張って疲れるが、命あってこそ。危険があるから回り道は仕方ないものと考えたい。

 

うちの娘はカッパを着て傘をさして、嬉しそうに雪に足や手の型をつけて遊んだり、雪が溶けてきてからも凍った水たまりを割ってみたり、車道の端に寄せてある雪の残りをいちいち踏みまくったりして、ただのいつもの幼稚園までの道のりがものすごく楽しそうでした。

なかなか思うように幼稚園まで到着できなくて、あんまり時間がかかるとだんだんハラハラしてくるけれど。

同じ雪道を大人が黙々と歩いていくのに対して、子供の寄り道の多いこと多いこと。

雪が降ると、子供ってやっぱりいちいち子供だなって思う。その無邪気な好奇心がかわいい。



スポンサーリンク

2 Responses to “雪道と子供と親の気持ち。自転車は絶対乗らないで!危険!路面凍結にも注意!”

  1. ミミ より:

    特別な日ですもんね…こっちは昔からうんざりですが(;´д`)
    危険なく楽しんでね~!>娘ちゃん
    キュツママさんが守ってくれるから大丈夫だとは思うけど!

    • キュツ母 より:

      >ミミさん
      あー、やっぱり雪が当たり前の地域とは感じ方が変わりますよね。私もミミさんの立場ならうんざりしそうです。
      改めて書いてみて、私も幼児の頃より目を話してしまいがちなので気をつけようと思います!
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ