1609cuteheader2

常位胎盤早期剥離で死産(3) 危篤状態から目覚めて

死産に関する記事ですので、苦手な方は読まないでください。

この記事は
「常位胎盤早期剥離で死産(1)」
「常位胎盤早期剥離で死産(2)」
からのの続きになります。

絶対意識なんかなくなるもんか!と強く強く心で思っていたのに、そこで意識が途絶えてから何時間経ったんだろう?

ある時ふっと目を覚ました。

目に入ったのは白い天井。

スポンサーリンク



常位胎盤早期剥離で死産(3) 危篤状態から目覚めて

意識が戻った時に見えたもの、白い天井、そしてぼんやりと夫の顔と母の顔。

自分がどうなっているのか全くわからない。

事情を話そうとする、なんでこうなったのか、前の産院で受けたひどいことも。

だけど苦しい。何かと思ったら口には酸素マスクがついている。

意識が戻ったと、皆の安堵の顔。目が赤い感じがする。

今何時なんだろう。

ぼんやりしていた意識が少し戻ってくると、自分の今の状態が少しずつ見えてきた。

頭の上にはピ、ピ、ピ、という心電図がある、ドラマで危篤になった人がつけているあれだ。

両腕には管が通されて天井に向かってそれぞれいくつかの透明のバッグみたいなのがぶら下がっている。

自分でトイレにも行けないので股にも何かついているらしいこと。

両足には膝下まで白い空気でプシューっと圧をかけてくるものがついている。

体の感覚はまだ麻酔から醒めたばかりで何も感じない。

話そうとするのに喉が痛い。手術の時に管が入っていたらしい。

かすれた声で少し話した気がするけど、何を話したか記憶がない。

何か看護師さんが尿が出ないし、輸血の関連で体にショックや血栓がつまったりする可能性もあり、まだまだ危険な状態だというようなことを話していたのを覚えている。

夫も母も不安そうだった。

確か17時過ぎくらいにこの病院に到着したような、そこから5時間くらい手術にかかったらしい。

私の手術の間、一緒に救急車に乗っていた産院の院長がずっとついていたらしい。

夫を励ましてくれたらしい。

夫はそのことに感謝していた。

私は産院のあの助産師にものすごく腹が立っていたけど、それはあの個人がああだっただけで、皆悪い人なわけじゃないんだと思った。

ああいう人を雇っているという監督責任みたいなものには疑問を感じたが、わざわざついてきてくれて、夜遅くまでいてくれたことには感謝しなければと思った。

夫と母はとても心配しつつも、夜も遅いので一度家に帰っていった。また明日来てくれると言って。

自分も辛かったけど、家族の気持ちというのを想像してみるとそれはそれは胸が張り裂けそうになるな。

でもその時は自分の今の事態を理解することに精一杯だった。

誰もいなくなって、静かになっても、私は眠れなかった。

白くて窓のない部屋の天井をずっと見つめたまま動けなかった。

私の様子を見に来る看護師さんが眠れないですかと心配してくれた。

しばらくして、看護師さんがガラガラと何かを運んできて、そっと私の枕の右側に置いてくれた。

死んだ息子だった。

初めて逢えた息子、この時の私の気持ちの表現が難しい。

今も書きながら涙が溢れ、腹筋が振動している。

とっても嬉しかった。

ずっと9ヶ月お腹の中にいて、ずっと逢いたかったから。

どんな顔しているんだろうってエコーの写真を見てもどかしい思いでいたから。

タオルでくるまれた初めて見た息子の横顔は眉毛が立派に生えていて、凛々しい男の赤ちゃんの顔だった。

嬉しさと悲しさがこみ上げてきて、顔を見た瞬間から涙が止まらなかった。

看護師さんは私を察して、息子と二人きりにしてくれた。

顔を少し息子の方に向けるくらいしか動けなかったけど、話しかけた。

「ごめんね、、ごめんね、、」

想いが後から後から溢れて、でも口に出る言葉はそれしかなかった。

妊娠中にたくさん話しかけたこと、二人で一緒にいた場所、歩いたところが頭の中を走馬灯のように駆け巡った。

体が自由に動けば抱きしめたかった。

でも、できなかった。

とても嬉しくて、とても悲しかった。

しばらくして看護師さんが息子をまた霊安室に連れて行った。

その夜はずっと眠れなかった。

ただひたすら、天井を見ていた。



スポンサーリンク

6 Responses to “常位胎盤早期剥離で死産(3) 危篤状態から目覚めて”

  1. けいこ より:

    この記事を読んで一気に涙が・・・
    読みました。
    読み、わたしも今泣いています。

    今日、娘のことをめちゃ叱って
    自己嫌悪です。
    妊娠中、あんなにいろいろ話しかけて
    早く会いたい
    早くお世話したいって思っていたことを
    ブログを拝見して思い出しました。

    育児のしかたをもっと考え直してみます。。

    • キュツ母 より:

      >けいこさん
      ありがとうございます。私も全然立派な育児できていないです、、やっぱり難しい時は難しいですよね。

      何故かこの記事を書く時は涙が止まらなくなります。極たまに必要があって人にこの経験を説明する時は泣かないのに不思議です。自分の感じた気持ちを正直に掘り起こすと、やはりいつまでも悲しいようです。

      涙してくださったこと、子育てについてちょっとしたことでも考えるきっかけになったことは本当に有難く感じます。
      コメントに感謝です。

  2. みゆママ より:

    娘の事でもコメントを残しましたが、私も去年35週で胎動がなくなり死産した経験があります。ここまで詳しくかけるのは本当に凄いです。
    娘の次の子だったので、生きている娘に元気づけられたのを思い出しました。ありがとうございます。
    じつは娘の前にも20週で流産した子がいます。
    無事に生まれてくる自体凄い事なのですね!
    母体は元気だったのでキッツさんとは違ってはいるのですが、同じ様な辛い経験をしたので思わずコメントしました。

    • キュツ母 より:

      >みゆママさん
      みゆママさんも大変辛い思いをされたのですね。私に教えてくださってありがとうございます。
      >無事に生まれてくる自体凄い事なのですね!
      本当にその通りですよね。今こうして生きているということもあらゆる出逢いも奇跡の連続なのだということを思います。
      私もそうですが、娘さんとの今の生活もかけがえのない大切な時間ですよね。日常ではついつい忘れてイライラしたり悲しくなったりしてしまうこともありますが、健康で笑いあえるということがどんなに幸せなことかと、こうして書き綴ることであの時を思い出して実感します。
      この出逢いにも感謝です。みゆママさんと娘さんの日々を心から応援しています。コメントありがとうございます!

  3. はりねずみ より:

    キュツ母さま

    立て続けのコメントで失礼します。

    死産というお辛い経験を書いてくださってありがとうございます。

    先のコメントでは書かなかったのですが、下の子は16週の時に切迫流産の診断が下り、そこから39週5日で出産するまで、1日1日がとてもとても長く感じて、ただ無事に産まれてくれれば良い、生きてくれればそれだけで良いと願っていたことを思い出させていただきました。

    今は鬱病で娘にも息子にも辛く当たってしまうことがありますが、無事に産まれてきてくれた、その奇跡を忘れずに過ごそうと思います。

    私には想像すら追いつかないお辛い経験だったと思います。
    でも、キュツ母さまが生きていてくださって、本当に本当に良かった。

    • キュツ母 より:

      >はりねずみさん
      なんと優しい、私の気持ちに寄り添ってくださって本当にありがとうございます。
      本当はこの死産の記事も書きたいのですがなかなか忙しく向き合う時間ができないまま今に至っています。

      はりねずみさんも切迫流産と向き合いどんなに不安だったかと想像します。
      >今は鬱病で娘にも息子にも辛く当たってしまうことがありますが、無事に産まれてきてくれた、その奇跡を忘れずに過ごそうと思います。
      はりねずみさんの心の綺麗さに私は涙が出そうですよ。あなたは元々とても聡明な方で優しいお母さんです。はりねずみさんの心が少しでもゆったりとした気持ちになれるように私は祈っています。

      命があったからこそ、こうしてここにいられます。私が生きていたことに良かったと言ってくださって、、ここまで書いたら涙が出てきました。本当にありがとうございます。

      苦しい時があっても、ずっと同じじゃないです。今の私はそう思っています。生かされたからこそ、生きているからこそ、今は誰かの役にたてること気持ちに寄り添えることが幸せだと感じています。
      はりねずみさんの優しさに心から感謝しています。
      こちらにもコメントいただきまして本当にありがとうございます。

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ