脱ぎたてのパジャマが愛しい※

むーん、怪しい。

なんだかタイトルだけであやしい雰囲気がプンプンしていますね。

既にプンプンしている人は読まない方が良いしょう。

要注意です。

常々、私は思うのだけど、ちゃんと子供に脱いだ服をたたんだり洗濯機へって上手にしつけできる人はすごいなあと思う。

私も最近まで、口酸っぱく言っていたこともあったんだけど、今、実はちょっと事情が変わっていて。
前から、その気はあったんだけど。

何が言いたいかというと、娘の脱いだ服の跡が愛しくなってしまいまして。

だって、パジャマのズボンとか特に、、こう、一生懸命に脱いだんだな、、みたいな、裏側が表になって、股の部分が全開でハの字になって脱ぎ捨ててあるそれを見てかわいい!と思ってしまったから。

直立不動でその場でうまくストンと脱げたのか、足の部分がクシャクシャに短くつぶれて、そのまままた足を入れたらバネが伸びるかのようにスポっと穿けそうな立体パンツみたいなかたちで脱げているのを見て、今日はこの跡かー!むふふ、とか。

暴れたの?!ってくらい、台風の後の破れたビニール傘みたいな脱げ方の日は、どうやって脱いだ?と想像してみたり。

たまに隣にパンツまで落ちていたりして、うわー!ご褒美きたー!とか思うわけです。
(これ書いて大丈夫か?)

脱いだ跡に、その時の娘の生き様が記録されているような気がして、、。
(そんなに話でかくなります?)

ほんのり匂いまで感じたり、、。
(あ、やっぱり)

娘の温もりがここにある、、みたいな。

思わず写真に撮って、インスタに「娘の脱ぎたて」ばかりを集めるのはどうかな?と思ってしまって、思わずそのまま本人に伝えてしまうくらい愛しいのです。

「絶対にやめてよっ!!」と、凄腕のスナイパーみたいな顔で睨まれて言われましたが。

だったら、この愛しくなる脱ぎ方やめろや!」と言い返すわけです。

(そこはいきなりヤクザ屋さんみたいに変わるのですね?)

毎日毎日、違うかたちなんです。
美術館にケースに入れて飾りたいくらいです。
本日の脱ぎたてはコチラ!みたいな。
落ちているのを見つけるたびに、脱ぎたて見っけー!脱ぎたてサイコー!って思うんです。まるで冒険の旅で宝箱を見つけた時の気持ちです。
心でハアハア言っちゃってるんです。
脱ぎたてって、とっても生きている感じがして本当に愛しいんです。

ええ、ちょっとおかしいのはわかっています。

でもこの観察、やめられそうにないのです。

明日はどんなかたちなのか?とワクワクしてしまうのです。

愛し過ぎて。

以上、変態母からの愛しい苦情でした。

※なくなったらなくなったでさみしいくせに。

、、、そうかも。
やっぱりたまには脱ぎたて置いていってー。怒ってないからあー。怒らないからああー。ぐすん。