1609cuteheader2

小学校参観日にがっかり 叱ってしまう

小学2年になった娘。
IQが高くてもやっぱり発達障害だなと実感するのが、参観日です。

それで、参観日なんて私は面倒なのもあり、行きたくないし、サラッと観てサラッと帰りたい。

だけど、娘は自信満々に観てほしい、長くいて欲しいと言うのです。

前日にも、ほぼ一日中いて欲しそうに言われたけど、断りました。結局、1時間以上はいた。

スポンサーリンク


小学校参観日 叱ってしまった 解決策は諦めること

それだけ、観て欲しいと言うのは、すごくできているからだと思って期待して行くじゃないですか、普通。

実際行ってみたら、全然駄目。

もう、本当に長くいればいるほど、駄目なところばかり見えてきます。

他の子供も確かに二年生だから、それなりにダラダラしたり、話したりしているし、娘と同じ傾向かなと思う子もそれなりにいますが、、やっぱり我が子は目に入る。観て、愕然とする。

あんなに観てと言っていたのに、なんなのよ!と内心腸が煮えくりかえる。

むしろ、来ないでもいいと言われていた方が、ああなるほどねと思うのが、これとは。

自己をあまりに客観視できていないということ、できていないのに、自分はできていると思っているということ。

これぞ、障害の内のひとつですな。ああだから私もか。

新しいクラスは、前のクラスと変わり、立ち歩く人もいなくなり、授業としてかなり成立していました。先生もハキハキして好感度大。

健常の子達は、どこかだらけていても、姿勢が崩れても、きちんとしなければならない場面や、指示がある時にきちんとできている。周りと同じ行動がとれる。

しかし、我が子は、と思う。

立派だなすごいな、と思える子は数えるくらいだけど、クラス全体のレベルが上がったことで、娘が今まで激しい子達の中で紛れていたことが、隠せなくなってきている。

どんなに、手を挙げても、やらなければならない指示を聞き逃したり、集中できず、先生の話を聞いていなかったり。皆も割りと集中力はないけど、心の、落ち着きがない。

私とは少し違う感じの傾向。

私は娘ができていないことに目が向いてしまい、褒めることより、叱りたい気持ちばかり出てしまう。私も気付けなければいいのにな。

同じ傾向なら、こんなもんだろと思えるところもあるし、周りもできていないじゃないかと言い返されるのがオチなのだろうけど、私は楽天的になれない。ついガミガミしてしまう。叱っても無意味なのだろうけど、言わないと、自分の行動が周りと違うことも【気がつけてもいない】から、【始まりにも到達していない】ということだし。

休み時間に娘を叱ってしまった。注意せざるを得ない感じで授業が終わったので。せめて、終わりの号令の時くらいきちんとして欲しい。それすらなってない。ちょっとショックを受けて泣いていた。

たちが悪いのは、自分がこれだけできていないのに、多分普段は人の細かいところを注意したりしていること。もう、こういうのが傾向バリバリ。できないならできないで、大人しいタイプなら、、と思ってしまったりする。

この子なりに学校では頑張っているのだろうけど、厄介だ。年齢と共に少しは緩和するとはいえ、家でも私がガミガミスパルタすると、娘の心が壊れてしまう。

この人は変なところで繊細で、取り扱いに間違うと体調に出てしまう。そういえば、入園前も不安からトイレばかり行っていたな、あれからなっていないが。私はこのモヤモヤをいつも胸に抱えていなければならない。夫が行けていたのなら、こんなに気にしないと思う。こうしてカサンドラ症候群みたいになるんだよな。同じカサンドラならカサンドラウィルソンなら良かったな、声が。いやなんの話だ。

休み時間に叱ったのは失敗だ。でも言わずにいられなかった。なんで前日私に観て、長く居てというのか、意味がわからない。わかるけど、わかりたくない。

参観日にいつも以上に頑張るということもできない、あまりにナチュラルな姿に、長く観れば観るほど頭に来るというのに、こういう子供らしさに、愕然とするばかり。

まだ荒れていたクラスの一年生のいつかの参観日の方がマシだったかもと感じる。ごまかされていただけだ。

もうわかっているのだから、期待しなければ良いのはわかってる。だって診断されているのだし、傾向は間違いない。変なところで頭が良いとか、好きなことには異常に集中とか、良いところはある。そこを伸ばすべきなのもわかる。

しかしだな、集団のこういうところは、健常の子に混じると違いに気付き過ぎて、立ち歩きこそないが凹む。凹みすぎる。

ママ観に来てと言われる内が幸せでかわいい頃だとわかりつつ、やっぱり参観日って嫌。

本人が期待させてくるところがまず失敗。次は来ないでと言われたら、ある意味成長か。

あーあ、観なければ良かった、観なければ叱ることもなかったという気持ちと、現実を改めて直視できたことが良かったというか、ああやっぱりこの子という気持ち。良かった!とうわー!を幼稚園から繰り返している。浮上って大丈夫、と思うと、その先突き落とされる。いつも複雑な気持ちになる。

そして、これが私が生きる限り、ずっとこういう悩みがあると思うと、やっぱり溜息しかでないのである。

ここまで書いて、子育てもだけど、介護とか、老後とか、不安に思うことはたくさんあるよなと思った。溜息が出るけど、まだ娘が私を好きで期待に応えたいと思ってくれているのは、幸せなことだなと思おう。

今後は期待しない。これ、昔にも書いたか。私も繰り返しのループだな。今回の参観日がデフォルトだと思って、今後は行くことにする。今回より悪いことはないだろう、、と思うのが既に期待か。それを捨てないと!捨てて褒めないと、、ハードルを低く低く。、、はぁ。元気出せ自分。



スポンサーリンク

7 Responses to “小学校参観日にがっかり 叱ってしまう”

  1. ミミ より:

    お久しぶりです!そういえばトイレで拭き拭き以外にも、参観日が苦難でしたね。思い出しました。うーん…キュツママさんの苦しみを、後から経験して「こーいうことかー!」と思うこと、色々あったけど、娘は参観日は「ちゃんとやってますから、まぁ見ても見なくてもいいのよ」って感じで、そんなに私の方を振り返らずに淡々と授業についてってて、私一人で「キャー○○タン超絶いい子〜★(←口に出してなくてもオーラが周りから浮いてる)」って盛り上がってるので、やっぱり特性あると親が辛いんだな…と…ほんとにお疲れ様です(;_;)あっ、でも娘は今日は習い事を、特に理由がないのに行きたくないと粘ってました。土曜だから旅行等で欠席することはけっこうあったけど、今日は本人の気分の問題だから少し無理して行かせました。何も害がなく、むしろ行ったら楽しいわけなんですから。そしてやはり最中は笑ってました。笑ってなかったとしても、出席ることに意義があるから、褒めたと思います。キュツちゃんも参観日もいつも通り出席してえらいですね!勤怠大事。大学とか、多少成績悪くても出席でどうにかなったりしません?やっぱり出席、それが素晴らしいんですよ!
    ところで昨日、コンビニ帰りに「買ったケーキを早速歩きながら食べる」と言われて、もう100メートルで着くからテーブルで食べようって言ったら、座り込んで号泣されて、しかも二歳児虐待あったからか、めちゃくちゃ周りから注目されて、私が泣きそうでした…結局歩いてくれなくなったから12キロの娘を抱っこ紐に入れて、息子に歩いてもらいました。息子の方がお兄ちゃんかよと、少ししたらツッコミ入れましたが、泣かれてる最中は辛かった…4歳は、本人はまた精神の未熟さがあるけど親は躾したい時期で、ほんとにキュツさんのブログ始めた頃は大変だったんだろうなーと思うこの頃です。これからも頑張りましょうね…(*_*;

    • キュツ母 より:

      ≫ミミさん
      お疲れ様です。いいなあ、そんな風に参観日を観てみたかった。娘は成績とかはそこまで悪くないタイプだと思うのですが、スペシャリスト向きです。普通を求めたら多分駄目。どうせホロみても埋もれないタイプ。親がサラリーマンでないし、主張ありナンボの人です。大学行くなら好きなこと見つかればそれこそ記憶の良さもありぐんぐんと伸びるとは思います。好きでないことの普通を求めるのは難しい。学校はある程度の協調を学ぶ場所だと割り切りつつ、参観日は疲れます。一年の時はこんな日なかったのですが、慣れてきたことでだれてしまったのかも。
      道で泣かれるとこちらが泣きたくなりますよね。昔あったなーと思い出しました。さすがにケーキは歩きながら食べられないですよね。なかなかしんどい日もありますが、私も踏ん張ります。
      コメントありがとうございます!

  2. オカメちゃん より:

    こんにちは(^-^)/
    またまたご無沙汰のオカメです〜♪
    参観日お疲れ様でした。
    本当に神経がお疲れになったと思います…。。。。
    気休めなのかもしれないのですが、オカメの娘もそうでしたよ〜f^_^;その参観日が月一であるから、打ちのめされて中々立ち上がるのに勇気がいったというか、何と言うか…(T-T)

    健常児に混ざると目立ってしまう我が子。自分が出来ていない事は棚に上げて人の出来ていない事に集中して注意してしまう我が子。←自分は出来ていると思っているからとにかく偉そう…(オカメの娘の場合です)
    見ていて辛い!の一言ですよね〜

    「この子はそういう子」と諦めるのも一つの手だと思います。
    諦めないのもまた一つの手でもあるので、黒か白かハッキリ答えを出さなくても良いんですよ〜(^-^)
    どっちを選んでも親は辛いでしょ〜?

    母が打ちのめされて立ち上がれなかったら、その時は諦めて「またいつもの事」と自分に言い聞かせて、立ち上がれる時は「理解できるまで話す・伝える」をキュツちゃんに言い聞かせたら良いのかなぁ〜と、オカメは思いますよ〜♪

    「理解出来るまで話す・伝える」は一筋縄ではいかないんですけどね〜。でも言い聞かせる回数は減ってくるんですよ(^-^)すこ〜しづつの進歩で……。

    オカメの娘はね、とにかく自信があって「見て見て!」なんです。それが鼻に付くぐらい…f^_^;正しい事をしているという自信があるから、曲げないし諦めないし、しつこい⁉︎感じです。
    例えばクラスが賑やかで先生が「静かにして〜」と言うと、たまたまその言葉が自分の耳に入ったら近くの席の子にはもちろん、一番遠くの端の席の子にまで一人で大きな声で注意してしまう…。注意している自分の声の方がうるさい事には気付かないで、ずっと注意してしまうから先生に「もう良いよ」と言われても「まだ静かになっていません」と正義感でやってしまうから、周りから浮いた存在になってしまうんですよね〜
    浮いている事も本人は気付かないのは幸せなのか不幸せなのか…(泣)

    あれだけ注意していたのに、自分は先生の指示を聞き逃しまくって「教科書を収めて、プリントを出しますよ」と言われても一人で教科書を机の上に置いたままにしていたり、「鉛筆を置きましょう」と言われても書き続けたり、参観していて情けなくなりましたから…。
    参観日でそれをされると、普段はもっと?と悪い方に捉えてしまいますよね〜(>_<)

    娘が低学年の時にいた学校は、参観日は撮影しても良いとされていたので、授業参観は必ずビデオを撮っていました。口で伝えても頭の片隅にあまり残らないようなので…。人の事は何故かよく分かるので、自分を客観視できるようにビデオに撮って、彼女の動きを彼女に見てもらっていましたよ〜。
    「この時はこんな風に言ったらダメなんだね〜」「私も書くのに夢中で手を止めていなかったね〜。でもどうしても最後まで書きたかったから…」など、娘の気持ちを聞きながらも、彼女自身が「こうすれば良かった」と言う言葉が出るように質問していった記憶があります〜(^-^)

    口頭で伝わらない時は、視覚も使いながら説明すると、全く伝わらない!!と嘆く事はなく「すこ〜し」でも伝わりますよ♪
    後はその回数ですよね〜σ(^_^;)

    なので、母が立ち上がってファイティングポーズがとれる時だけ…戦ってみるのも「手」です♪

    学年が上がると、少しづつ浮き沈みの落差は減ってきますよ!
    だってキュツ母は、自分の事の様に現実を受け止めて試行錯誤して育てているから…大丈夫です!

    自分の子供の障害に気付かずに放置して「言ってもダメなんですよ〜」で終わらせている親の子は、高学年になった時に、もっと大変な事になっているのを見ますよ〜。

    振り返った時に我が子の成長が分かる…ので!キュツ母さん大丈夫です♪でも、子供に完璧は求めない様にねっ☆(求めたくなるのはキュツちゃんが賢いからだと思うけど、まだ2年生だから…という逃げ道も自分自身の為に作っておいて下さいね〜)

    また覗きにきますね〜♪
    暑い日が続いていますので、体調を崩されない様に…

    • キュツ母 より:

      ≫オカメちゃん
      うううう、、ありがとうございます。すごく身に沁みました。
      というか、オカメちゃんの娘さんと、うちの娘、本当に似ています!ものすごく親近感が、、!正に書いていただいたことに似ています!私のショックもそのままオカメちゃんが書いてくださったような。
      諦める、そうですね。オカメちゃんが頑張っているから大丈夫だと言ってくださるし、娘も成長すると信じて、、!
      視覚大事ですよね!わかります。口では伝わりにくいし、自分のことを客観視できない。しかし、うちの小学校は運動会等特別な時以外、撮影等が禁じられておりまして、、悔しい。普段の姿を見せて教えたいですが、。
      娘がわかりやすい方法で伝えること、色々考えて、この間やっと娘の頭にランプがつきました。生き物が好きなので、娘が好きそうなかわいいペットの犬のお手!とか待て!とかよし!とか、そういうのでイメージしてもらったら、自分の今のレベルに気づいたようです。
      少しは気付きがあったようで、次の参観日に成長しているといいなと思います。
      励ましてくださってありがとうございます!

  3. とも より:

    お久しぶりにコメントします。だいぶ時間がたってしまいましたが・・・。

     うちの息子も、7月のあたまに授業参観でしたが、「行かなきゃ良かった」と落ち込む時間となりました。息子が「来てほしい」と言うので自信ついたのかな~と思って行ってみたらば、国語の発表を、グループになってひとりずつ読みあげていく参観だったのですが、息子だけ、読むセリフがない・・・。いつも、朗読はまじめにやってなかったらしく、読む「役」をお友達から諦められ、同じグループの子達が読む間、息子はずっとふざけていました。

     その場では叱らなかったものの、家で、主人とたっぷりお説教をしてしまいました。少しはわかってくれたようですが、クラスの中では、アスペルガーの特性は、わかってしまいますね。IQはいいし、得意なこともあり、本人にもいい部分がたくさんあるとわかっていても、どうしても落ち込むし、怒ったり叱りすぎてしまう時があったりしますよね; かと言って、将来のために甘やかしすぎはダメですし。いつも難しいです。

     他の方のコメントにありましたが、大きくなるにつれて、そういう部分は目立たなくなり、得意なことを伸ばせたらいいなあ、と思います。本人が大人になった時、どんなことが苦手だ、だからこう解決しよう、的な、考えることができる人になってもらいたいです。

     つい叱りすぎてしまい、落ち込むことも多いのですが、まだ2年生ですし、甘えてくる時は抱きしめてあげたり、受け止めてあげたいです。ゆっくり、お互いに成長を見守っていけるといいですね。

    • キュツ母 より:

      >ともさん
      お気持ちすごくわかります。来て欲しいという好きだからという純粋な気持ちがあるのだけど、自分を見せる意識はないのですよね。
      その国語のグループの活動、娘にも少し前に悩みを話されたことがあったのを思い出しました。
      うちはそういった発表の類は好きで得意なので、出たがってやりたがります。
      それで、練習の時に娘のグループの男の子が真面目にやってくれないふざけてばかりいると注意して泣いてしまったと。それで、よくよく聞いてみると、その男の子にはセリフがほとんどないようで。
      誰が役を決めたのか、立候補なのかとかは知らないけど、私は自分の出番がないのにずっとその場にいるだけなら退屈だからふざけてしまうのもわかるなあ、自分だったらどう?ただそこに立っているだけで、人の役ばかり聞いている授業ってと言いましたら、娘はハッとしていました。あと、それは娘にとって幼く見えていたようでしたが、逆に精神が先に発達していることで、そうした発表の類を恥ずかしいという気持ちで茶化してしまうこともある、という話をしました。
      娘の気持ちもわかるけど、出番の少ない子の気持ちも気付いて欲しくて。娘には厳しかったかもしれませんが、こういうのはなかなか小学生だけでは難しいですよね。かといって、すべて先生が決めるのも自主性を奪うことになりますし。結局、その男の子は本番では一応こなしていたようでした。
      息子さんの役を諦められてしまったのはとても残念だけど、何とかならなかったのかなあと思ったりして私まで歯がゆいです。でも、おそらく私もそれが参観日の出来事であれば、家できつくお説教してしまいます。それで、同じく落ち込んでしまう。良いところもあるのにという、、このバランスが非常に難しいですよね。

      >大きくなるにつれて、そういう部分は目立たなくなり、得意なことを伸ばせたらいいなあ、と思います。本人が大人になった時、どんなことが苦手だ、だからこう解決しよう、的な、考えることができる人になってもらいたいです。
      親は悩みは尽きないけれど、私も日々反省しながら娘と一緒に成長していけたらいいなと思っています。
      励みになりました。コメントありがとうございます!

  4. […] 前回の参観日にがっかりしまくって説教しまくった話を書いたのは記憶に新しいと思います。 それで、先日1学期最後の参観日がありまして。 というか、私が子供だった時代、こんなに参観日ってありましたっけ?地域性の問題か?記憶の問題か? […]

コメントを残す

※誹謗中傷を含むコメントは掲載を控えさせていただきます。
サブコンテンツ